床暖房の上で寝るのOK?上に敷いた布団で寝るのは問題ない?

床暖房
冬に床暖房をつけていると足元がポカポカして気持ちがいいですよね。

頭寒足熱という言葉があるくらいですから、足元が温かい方が体には調度いいという事になります。

ただ、床暖房の床の上に布団を敷いて寝るというのはどうなの?って感じたりしますよね。

布団はホカホカで寒い冬には気持ちがいいかもしれませんが、体的にはどうなのでしょう。

それに、布団を敷くことで、床暖房の寿命を縮めてしまう事にもつながってしまうのでしょうか?

床暖房自体が高価なだけに、心配している方も多いはずです。

スポンサーリンク

床暖房の上に敷いた布団で寝るのは問題ないの?

あまりの寒さに床暖房の上に布団を敷いて寝ている方もいるのではないでしょうか。

床暖房の上に布団を敷いて寝ることで何か問題はないのか?って疑問に思っちゃいますよね。

中には、ホカホカしているから気持ちいいと、毎日床暖房をつけてその上に寝ている方は、実は危険が存在しているのです。

そんなことないだろ!?って思われるかもしれません。

確かに、局所的に熱くなると、センサーが働きその部分の温度が切れてしまいますが、一定の温度になるとまた温度が高くなっていいき、その繰り返しになります。

古いタイプの床暖房の場合には、サーモスタッド機能が付いていないために、そのまま加温された状態になってしまいます。

サーモスタット機能が付いていても付いていなくても、確実に陥る問題は、脱水症状です。

脱水症状に気が付かないまま、寝込んでしまうと脳内出血を起こしてしまう可能性があるだけでなく、死亡してしまう事も考えられます。

さらに、布団が熱いからといって布団から飛び出て床暖房の床の上に長時間寝てしまうと、低温ヤケドを起こすことも考えられます。

人間ではありませんが、ペットが床暖房の温かさで寝込んでしまい低温ヤケドを起こして死亡してしまった例もあります。

特に、小さいお子さんを床暖房の上に布団を敷いて寝ていると、低温ヤケドに陥る可能性もありえるのです。

電気毛布でさえも、低温ヤケドを引き起こす可能性があるわけですから、床暖房だからといって安心してはいけません。

床暖房も人の体温よりは、温かいので長時間触れていると低温ヤケドになる可能性があるのです。

床暖房に布団を敷いて寝る場合には、温度を一番最小にするか、寝る間際にスイッチを切るなどの対策をする方がいいでしょう。

スポンサーリンク

床暖房の寿命はマンションでどれぐらい?一軒家と違いある?

床暖房の寿命はマンションと一軒家で違いがあるのか?ってかなり疑問に感じますよね。

せっかく高いお金を支払って購入しているわけですから、長く使用できることに越したことはありません。

問題は、どのような高価な物でも耐用年数による寿命という物が存在しています。

これは、メーカーによってや、取り付け業者によっても言っていることに違いがあるのが大問題です。

A社は耐用年数は10年程度でメンテンナンス次第

B社は耐用年数は7年で、あとは使用頻度とメンテナンス次第

C社は耐用年数は20年程度でメンテナンス次第

と意外にも床暖房の寿命に関してはまちまちで、これはマンションも一軒家も変わりはないです。

30年以上確実に動いているという場合には、メンテナンスと製品自体の当たりはずれの当たりの製品と考えた方がいいでしょう。

人間が作るものですから、当然完璧な品物はありえません。

製品自体の規格さえクリアしてしまえば、品質管理上問題はなく、出荷されてしまいます。

後は、設置業者の取り付けミスがあるかないかでも、床暖房の寿命は変化してしまう事実も存在しているようです。

製品自体は、30年持つ設計をしていても、取り付け業者の取り付けミスや、使用者の使用方法の仕方でも耐用年数は変化してしまいます。

マンションでも、長く床暖房を使用したい場合には、定期的なメンテナンスは確実に行う事が重要となります。

それによっても耐用年数に違いが生じることにつながっていくわけです。

まとめ

床暖房の上で寝る・床暖房でマンションと一軒家で耐用年数に違いがあるのか?について紹介してきました。

床暖房は確かに温かく感じるわけですから、体温以上の温度になっている事は確かです。

同じ場所に寝続けることで、低温ヤケドを引き起こす可能性は否定できません。

とくに、赤ちゃんの場合には、身動きできない分、危険性も高くなって行く事だけは、頭の片隅にでも入れておきましょう。

また床暖房は使わなすぎということでも、故障しやすくなることも考えられるので、常に動かしている方が故障が少ないとも言われています。

安全安心と言われている床暖房ですが、決して完璧ではないという事だけは覚えておきましょう。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする