年賀状やめる文例はラインでもいい?友達へ例文ご紹介!

年賀状
ここ数年、SNSやインターネットの発達によって、なかなか会えない相手とも気軽にやりとりができるようになりました。

それにともない、わざわざ年賀状を出す必要性を感じなくなった方も多くなってきました。

しかし、去年まで出していた年賀状をいきなり出さないというのは、相手に印象を悪くしてしまう恐れがあります。

先に一言、年賀状をやめる主旨を伝えるようしましょう。

スポンサーリンク

年賀状をやめる時の文例で友達にラインで送る時は?

まず初めに、【年賀状を出す意味】からご紹介致します。

そもそも、年賀状を出すようになった理由は、なかなか普段会えない相手に新年の挨拶や、自分の近況を伝えるという目的がありました。

近年は、ネットの発達により、年賀状自体が義務のようになっていますが、以前はネットもなかったので、相手と連絡をとるとても大切な役割を果たしていたわけです。

・1年間のの感謝を伝える
・新年の挨拶をする
・自分の近況を伝える

あまり会えない相手で、たった1年に1度しかやりとりをしていなくても年賀状を送ることで十分、繋がりを感じる事ができていたわけです。

年賀状じたいをやめることは、悪いことでもなく、必ず送らないといけないわけではありません。

しかし、以前まで送っていた相手であれば、今年来なかったのは、

「何かあったのではないか!?」と心配になる人もいたり、相手が何か自分に対して嫌な思いをもっているのかな・・・

っと相手側がネガティブに考えがちです。

親しい友人などであれば、ラインでも問題ないので一言年賀状を送らないとことを伝えてあげましょう。

友人であれば、ある程度言葉を崩しても良いと思います。

【例文】

お久しぶりです。

元気にしていますか?

なかなか、連絡もできずご無沙汰しています。

今年もあと少しで終わりですね。

今回連絡させて頂いたのが、今年から年賀状での新年の挨拶はやめて、ラインやメールに切り替えようと思っており連絡しました。

これからも仲良くしていきたいと思っているので、よろしくお願いします。

これから、どんどん寒くなると思うので体調気をつけてね。

また、時間が合えばご飯などいきましょう♪

このような感じで、あくまでも「年賀状でのやり取りだけを辞める」という内容をしっかりと書くようにしましょう。

では、ラインを送るタイミングがいつにしたらいいでしょうか?

年賀状を送らないこと気を悪くする人ももしかしたら、いるかもしれません。

なので、相手が年賀状を書き始める可能性のある、11月下旬あたりまでには送ると良いと思います。

年賀状を送らないのは、誰に対しても!

というニュアンスを文章に入れておくと、そこまで相手も不快に思わないと思います。

仲の良い友人であればラインでもよいですが、会った時に「今年から年賀状を書くのを辞めようと思っているの~」っと直接お話しても良いと思います。

スポンサーリンク

年賀状をやめたその後は?やめてよかった?悪かった?

年賀状をやめることで人間関係的に悪くなるかな?!

という不安があり、やめれない方もいるとおもいます。

実際やめた人の話をまとめてみました。

■ 良かったこと

印刷代・ハガキ代が浮いた

年末は、仕事納めや家の大掃除などでやること多く、時間的に余裕をもっていろんなことができるようになった

半分義務的にだった、友人関係も整理出来た

■ 悪かったこと

年賀状だけではあるけれど、最低限でも繋がっていた古い友人と縁がきれた

基本的に、年賀状をやめて大きなデメリットはあまりないようです。

コスト的にも時間的にラクなる方が多いと思います。

ですが、遠方でなかなか会えないけど、これからも仲良くしていきたいという友人がいるのであれば、やはり数枚は書いたり、来た年賀状分は返事を書いてもよいのではないかとなと思います。

まとめ

今回ご紹介させて頂いたように、ラインで年賀状を出さない事を事前に送るのでもよいです。

他には、今年で年賀状を出すのを最後にするという言葉を添えて、今年だけ年賀状を出すという方法でも、相手には失礼にあたらないと思います。

年賀状をやめることで、悪く言う人はあまりいないでしょう。

ですが、中にはそこで縁が切れてしまう方もいると思うので、これからも仲良くしたい人たちには、紙は辞めてもメールやラインなどで新年の挨拶は送った方が良いかと思います。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする