ムカデにナフタリンは効果あり!?ムカデが嫌いな匂いは?

ムカデ
ジメジメとした季節になると、見かける率が高くなるのが、ムカデではないでしょうか。

外で見かける分には気にはしないのですが、部屋の中で見かけた日には、パニックで部屋の中を右往左往してしまいます。

見た目も気持ち悪く、ヘタに処分しようなら、反撃をくらって噛まれてしまう可能性もありますからね。

では。ムカデが部屋に侵入してこないようにする為にには、ナフタレンやアロマ等は効果があるのでしょうか?

スポンサーリンク

ムカデが嫌いな匂いは?ナフタリンやアロマ等は効果あるの?

ムカデにも嫌いな臭いがあるのでしょうか?

節足動物ですから、臭いにはある程度敏感なような気がします。

問題はナフタリンですが、実は有害性のある物質が含まれております。

皮膚に触った程度では大丈夫ですが、目などにな言った場合には結構強烈な痛みを伴いますので、すぐに病院へ行く必要があります。

ナフタリンは現在どの駆除剤にも含まれていない成分になっているので、入手しにくい成分かもしれません。

それに、発がん性物質を含んでいるので、仮にあったとしても使用しにくいかと感じます。

ムカデが嫌いな匂いとはどんな物があるのか?

というと、アロマを使用した方法を用いるのが、基本的にはいいでしょう。

■ ムカデの嫌いな匂い

・ヒノキ

ヒノキには、ヒノキチオールという成分が含まれており、この匂いがムカデには苦手と言われています。

ヒノキチオールには抗菌作用の他に殺菌作用も含まれているので、これらの匂いをかぎ分けて侵入を断念する事なのでしょう。

・ハッカ

いわゆるペパーミントという物ですが、これにはLメントールが含まれています。

この成分が出す匂いが、ムカデが嫌いな匂いと言われています。

確かに、ハッカの匂いは独特ですから、人でも特異な方はそれほど多くはないのではないでしょうか。

この匂い成分を窓の四隅や玄関の四隅に軽く散布するだけでも、確実にムカデを家屋に浸入刺せない事が可能になるのです。

スポンサーリンク

ムカデトラップの作り方とかってあるの?

ムカデを部屋や家屋に侵入させたくは、誰もが思いませんよね。

そんな時には、水際で食い止めるしか方法はありません。

ムカデの侵入経路は、大体はエアコンの排水管や換気口・網戸からです。

この辺りを重点にトラップを仕掛ける事で、水際作戦を開始するのがベストでしょう。

市販のトラップも販売していますが、ゴキブリホイホイ的なものでも簡単に作れます。

ゴキブリ取り家屋では、粘着シートとゴキブリ用のエサがセットになっていますが、エサは違う物を使用します。

ゴキブリ取り家屋では、ゴキブリが逃げ出さないように、返しがついていますが、この返しを切りとります

これがあるとムカデの侵入の妨げになってしまう可能性があるからです。

粘着シートを外したら、エサには、魚肉ソーセージを細かく切った物を使用します。

ムカデは肉食ですから、ゴキブリ用のエサでは寄ってはきません

これで、ムカデのトラップが完成しました。

結構簡単にできるので、あえてムカデ専用トラップを購入しなくても大丈夫です。

後は、定期的に設置したムカデトラップを見て回ります。

ムカデが掛かっていた場合はすぐに、別のビニール袋に入れて可燃ごみと一緒にポイしてください。

トラップを回収した場所には新たなトラップを仕掛け直してください。

これで、ある程度は、ムカデの室内への侵入を防ぐことが出来るでしょう。

これと並行して、ハッカを窓や玄関に散布しておけば、ムカデに対しての鉄壁な防御策になるはずです。

まとめ

ムカデの嫌いな匂いやムカデトラップの作り方を紹介してきました。

ムカデが家屋に侵入してくるのは、そこにエサ(ゴキブリ)があるからなのです。

ゴキブリを退治してくれるのはいいのですが、ムカデがいる事に気がつかない場合には、咬まれてしまうと大変な事態になってしまいます。

なるべくは、ゴキブリ退治をしながらも、ムカデ対策を講じておくのが一番でしょう。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする