暑中見舞いの友人への返信はメールでも大丈夫!?お返しの例文は?

暑中見舞い
夏の季節に、相手の健康を気遣う暑中見舞い。

返信をする際、ある程度気心知れた友人への返信はメールではダメなのでしょうか?

暑中見舞いのマナーとともに返信例文もご紹介していきます。

返信をメールでしてもいいのかなぁ~と気になる方は、是非ご覧になってみて下さいね~。

スポンサーリンク

暑中見舞いハガキの返信をメールでするのは友人ならあり!?

■ 暑中見舞いを出す上でのマナーって?

暑中見舞いは夏の暑い時期に相手の健康や安否、自分の近況を報告する挨拶状です。

以前はハガキやお中元だったりと、少し堅苦しいイメージがありました。

しかし最近はかなりゆるく、カジュアルになってきたので、そこまで、型にはまらず、気軽にだせるようになりました。

取り引き先や、目上の方であれば、ある程度かしこまった文面でハガキで出した方がよいです。

これはもう仕事だと思って割り切らないといけません。

しかし、心許せる親しき友人などであれば、無理にハガキにしなくてもメールや電話などでも良いでしょう

メールでも電話でもかまいませんが、暑中見舞いが届いた際は、なるべく早く返信するのが大切です

そして、友人がはがきで暑中見舞いを贈ってくれている場合には、一言でいいので、

「メールでのお返事でごめんね~」

「最近色々と忙しくてメールでの返信許してね~」

等と、お詫びの言葉を入れておくといいですね。

一言お詫びを伝えておけば、友人ならばメールでの返信に激怒したりする事もないはずです。

しかし、ビジネス相手には原則禁止です。

ビジネス関係の方へは同じ形式で返すのがマナーです。

もし、お中元も届いているのであれば、それについてもお礼の言葉を添えてください。

スポンサーリンク

暑中見舞いのお返しの友人への例文はこんなのがおすすめ!

暑中見舞いの返信は、返信する相手によって文面が違ってきます。

友人など親しい仲であればそこまで形式にとらわれず、崩した内容でも大丈夫です。

上司取引先などビジネス相手であれば、ある程度かしこまった内容で返信しましょう。

今回は、お友達に送る場合の例文をご紹介します。

【例文1】

暑中見舞い申し上げます。

毎日暑い日が続きますが、元気にやっていますか?

私はだいぶ仕事も慣れてきて楽しくなってきましたよ~。

〇〇ちゃん(友人の名前)もお仕事頑張っているみたいだね。

お盆には帰省するつもりなので、時間が合えば是非是非ご飯でもいきましょうね。

まだまだ、暑いが続くと思いますが体調を崩さないよう気を付けて下さいね。

(メールでのお返事許してね~。)

令和○年 盛夏

【例文2】

暑中見舞い申し上げます。

しばらくお会いしていませんが元気にやっていますか?

こちらは、相変わらず家族で賑やかな日々を送っています。

なかなかお互いの時間が合いませんが、またゆっくりお茶でもできたらいいなと思ってます。

今年も残暑は厳しそうなので体調管理を気を気を付けてね。

(最近バタバタしていて、メールでの返信ごめんね~。)

令和○年 盛夏

友人なら言葉は崩しても大丈夫です。

・暑中見舞いの挨拶
・相手の健康を気遣った内容
・こちらの近況
・これから続く暑さについての相手への気遣いの内容

等、簡単な内容でよいので自分の言葉で添えてあげると良いでしょう。

ちなみに立秋(8月8日ごろ)から8月末ごろまでは「残暑お見舞い」として出しましょう。

残暑見舞いとして出す場合には、最後の言葉の「盛夏」を「晩夏」に変更しましょう。

まとめ

最近は、インターネットの発達や多忙な方も多く、暑中見舞いを出す人も少なくなってきましたね。

ですが、暑中見舞いは相手を気遣う日本の素敵な文化です。

はがきでの返信にこだわり過ぎず、気持ちよく言葉を交わして暑い夏を気持ちよく過ごしたいですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする