一人暮らしでうさぎを飼ってる時の夏の対策。クーラーなしでもいい!?

うさぎ
最近、ペットを飼う家が以前より増えてきました。

その中、可愛くて散歩の必要もないうさぎを飼う方も増えてきていますね。

猫や犬は昔から飼われていたので、周りに飼っている方もいたり、テレビでも飼い方など、よく紹介されています。

ところが、うさぎはどのように飼えばよいのか情報が入ってきにくいですよね。

猫や犬など飼っている家では、家をあけるとき、夏はクーラーをつけて出ると聞きますが、うさぎも、クーラーをつけた方がよいでしょうか?

今回はそんな、「うさぎの夏の過ごし方」についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

うさぎの夏の対策はクーラーなしでも大丈夫?かけた方がいい?

うさぎは動物の中でも、暑さに弱い動物です。

うさぎが快適に過ごせる温度は18~25℃ぐらいです。

それより上でも下でもエアコンでの温度調整は必要となってきます。

最近、夏の日本での気温は35℃超える事も多くなってきて、熱中症への注意も呼びかけられています。

うさぎは、温度に対してデリケートな動物です。

室内にいても発症する可能性がある熱中症のためにも、家をあける際や暑い日は是非クーラーをかけてあげましょう。

スポンサーリンク

うさぎの夏対策でエアコンを使う時温度は何度がおすすめ?

先ほどもご紹介させて頂きましたが、うさぎの快適に過ごせる温度は18℃~25℃ぐらいです。

ですので、なるべくその範囲内になる室温設定にしてあげましょう。

例えば25度に設定したからといって室温が25度なるとは限りません。

必ず温度計で部屋の温度をチェックするようにしましょう。

温度計もできるだけうさぎのゲージのそばに設置するようにしましょう。

部屋の上部と下部では温度が違いますので要注意です。

うさぎを飼う上で夏に気をつけたいこと

うさぎは、暑さや寒さに弱く、更に、寒暖差が激しい季節の変わり目にも注意が必要なデリケートな動物です。

快適な温度で過ごせる部屋で飼いましょう。

特に、うさぎは、冬の寒さより夏の暑さや湿気の方を苦手とします

ゲージに入れて飼うことがほとんどのため、ゲージを、置く場所もきをつけましょう。

・直射日光の当たらない場所、窓側付近は避ける

エアコンをつけていても、窓側付近は太陽のひかりで温度が上がりやすいです。

太陽の光が当たりにくい場所におきましょう。

・エアコンの風が直接当たらないようにする

うさぎは、ゲージ内で飼うため寒くても逃げることが出来ません。

うさきにとって快適と感じる場所を考えて置いてあげましょう。

・扇風機だけは使わない

温度が高い部屋で扇風機だけを使っても、温風を感じるだけなのでうさぎにとってはあまり意味がありません。

扇風機を使う時は、エアコンと併用して使いましょう。

・お水は常に新鮮なものをたっぷりと用意してあげる

人間と同じでうさぎも暑い室内にいたら熱中症になる可能性もあります。

熱中症対策のためにも、こまめに水分がとれる環境を、作ってあげましょう。

まとめ

うさぎは冬以上に夏の暑さや湿度が苦手な動物です。

夏に外出する時には、うさぎの体調の変化を見ることができなくなるので、きちんと温度管理をしてお留守番させてあげましょう。

少し電気代はもったいない感じもしますが、熱中症になってしまっては大変ですので、夏は特に注意してあげましょう。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする