一度貼った切手は再利用できる?郵便局で交換可能なの?


切手を貼ったもののハガキを出す必要がなくなってしまったり、切手を貼った後に書き間違いに気付いたりして、切手をどうしようか困ったことはありませんか?

しっかりと糊付けされているので簡単には剥がれそうにないし、無理に剥がそうとすると途中で破れてしまいそうですよね。

こんな時にはどうすればよいのでしょうか。

今回は、一度貼ってしまった切手が必要なくなってしまった場合に、郵便局で交換したり再利用したりできるのかについて解説します。

また、切手を貼る位置を間違えてしまった時どうすればよいかについてもまとめてみましたので、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

未使用の貼った切手は交換できる?再利用する方法は?

間違って貼ってしまった切手は郵便局で交換できます

そのまま窓口に持っていくだけで大丈夫です。

ただし、切手1枚につき5円の手数料がかかります。

また、普通の切手にのみ交換することができ、特殊切手には交換できないので注意が必要です。

手数料がもったいないので、できれば交換ではなく、ゆうパックや速達などのサービスを受ける時に使うと良いでしょう。

こうすれば額面金額分しっかりと使い切ることができますよ。

また、再利用するという方法もあります。

消印さえ押されてなければ、貼ってある部分を切り抜いてから、再度別のハガキや封筒に糊付けして使うことが可能です。

ただし、この方法は切手の部分だけ若干分厚くなってしまいます。

見栄えが悪いのでそれはちょっと・・・

という場合は、水やぬるま湯に1時間ほど浸けておくと切手だけ綺麗にはがれるので、ティッシュやキッチンペーパーで水気をよく取ってから糊をつけて貼り直しましょう。

間違って貼ってしまった切手を剥がす専用の液体も販売されているので、確実に綺麗にはがしたいという方はそちらの使用がおすすめです。

濡れてフニャフニャになりそうで心配だという方は、冷蔵庫で冷やしつつ乾燥させることによって剥がしやすくなったり、ドライヤーの熱を当ててノリを溶かすとい方法も効果的ですのでお試しください。

この方法は、上手くいけば切手を貼っていたハガキや封筒も再利用できます。

ちなみに、たまに私がついやってしまうのですが、爪などで端っこから無理に引き剥がす方法は破れる可能性が高いのでおすすめできません。

スポンサーリンク

切手の貼る位置を間違えたけどそのままじゃダメ?

なんとなく切手は正面から見て左上、もしくは右上の角辺りに貼るものと考えてしまいますよね?

でも、基本的に切手を貼る位置に決まりはありません

どこに貼ろうとも郵便局はきちんと処理をして相手先に郵便物を届けてくれますのでご安心ください。

現在はハガキや封筒の仕分けも機械化が進んでいて、

・縦長のものは左上
・横長のものは右上

に切手が貼ってあるとスムーズに読み取ることができるのだそうです。

これ以外の場合には、郵便局員が手で仕分けするとのことなので、できるだけわかりやすい位置に貼っておいた方が良いのは間違いなさそうですね。

とはいえ、切手を貼る位置を間違えたとしても、よっぽど見た目が変でない限りは、わざわざ剥がして新しいハガキや封筒に交換する必要はないでしょう。

ただし、郵便局員の負担を減らすためにも、次回からはできるだけ機械で処理のできる上記の位置に貼ってあげると親切ですね。

まとめ

今回は、一度貼ってしまった切手が必要なくなってしまった場合に郵便局で交換したり再利用したりできるのか、また、切手を貼る位置を間違えてしまった時どうすればよいかについて解説しました。

郵便局で交換できるのはもちろん、再利用も簡単にできます。
そして、切手を貼る位置についても特に気にする必要はありません。

切手を使う機会がありましたら、ぜひ参考にしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする