赤ちゃんが嫌がるので歯磨きしてない。無理やりでもするべき!?


赤ちゃんも歯が生えてきたら歯磨きをしてあげないと虫歯になってしまいますが、歯磨きを嫌がる子はたくさんいます。

だからと言って放っておくわけにもいかないですし、無理やり歯磨きをさせているママも多いのではないでしょうか。

しかし、嫌がる赤ちゃんに無理やり歯磨きをさせるのは心苦しいですよね。

今回は、そんな赤ちゃんにとっての歯磨きの重要性と、嫌がる赤ちゃんに上手に歯磨きをさせる方法などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんの歯磨きは無理やりでもやらないとすぐ虫歯になる?

実は生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、虫歯菌は存在しません。

人間が虫歯になるときは、いつの間にか誰かの虫歯菌をもらって虫歯になります。

赤ちゃんが虫歯になるのも同じで、歯が生え始めてきたら虫歯予防のための歯磨きが必要になります。

歯が生え始めたころはまだ下の前歯2本だけで歯も小さく、歯磨きの必要性がないように感じますが、この小さな生えかけの歯も立派な歯で、虫歯菌の住みかとなるのです。

放っておくと虫歯菌はどんどん増殖し、生えてくる他の歯にも影響を及ぼします。

なので、たとえ赤ちゃんであろうとも、歯が生え始めたら毎日の歯磨きが重要なんですね。

嫌がる赤ちゃんにもできるだけ毎日歯磨きをしてあげて、慣れさせるしかありません。

また、虫歯にならないためには歯磨きもとても大事ですが、同じくらいに赤ちゃんに虫歯菌を移さないようにすることも大事です。

先ほどご紹介したように、もともとは赤ちゃんの口の中には虫歯菌は存在しません。

赤ちゃんに口の菌が移る最も大きな原因は、お父さん、お母さんなんです。

例えば、赤ちゃんの口にキスをしたり、同じスプーンで食事をとったりすると、赤ちゃんに菌が移ってしまいます。

大人の口に中に虫歯菌が全くいないということは、まずありえません。

虫歯がなくても、虫歯菌は必ずいるのです。

自分の虫歯菌が赤ちゃんに移らないよう、注意するようにしましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんが嫌がって歯磨きできない!いい方法はない?

赤ちゃんがまだ歯の生えかけの段階の時は、無理に歯ブラシを使って歯磨きをさせる必要はありません。

この頃は離乳食後などにガーゼで歯の汚れをふき取ってあげる程度で十分です。

ですが、このころからシリコンの歯ブラシなどで感触に慣れさせておくと、あとあと歯ブラシでの歯磨きが始まったときに嫌がりにくくなります。

赤ちゃんが歯ブラシを嫌がる原因は、歯ブラシの感触が気持ち悪かったり、痛かったりすることがほとんどです。

赤ちゃんの歯がある程度生えてきて、練習をしている余裕のないという場合もありますよね。

そんな時は、赤ちゃんが嫌がらないようになる工夫をしましょう。

歯磨きが嫌なものではないということを分からせてあげるのです。

例えば、お母さんが毎日赤ちゃんに自分が歯磨きをしている姿を楽しそうに見せてあげます。

赤ちゃんはお母さんの真似をしたがるので、お母さんが楽しそうに歯磨きをしている姿を見ると、そのうち自分もしたくなるかもしれません。

また、赤ちゃんが痛くないように、歯ブラシの歯は最もやわらかいものを選んであげてください。

美味しい歯磨き粉を使うと、赤ちゃんが喜んで歯磨きをしてくれるようになったという場合もよくあります。

とにかく、歯磨きを嫌がる赤ちゃんには、歯磨きは楽しいものだということを教えてあげましょう。

その為にも、歯磨きタイムはお母さんも出来るだけニコニコして穏やかな雰囲気になるように心がけましょう。

ついつい一生懸命になりすぎて、怖い顔や緊張した顔にならないように気を付けましょうね。

まとめ

赤ちゃんが歯磨きを嫌がると、お母さんも歯磨きタイムが嫌になってしまいそうですが、お母さんがそうなることで、余計に赤ちゃんも歯磨きが嫌いになってしまいます。

歯が生えてきた赤ちゃんは、大人と同じように毎日の歯磨きで虫歯を防ぐことができます。

根気強く、【歯磨きは楽しいものだ】、【気持ちがいいものだ】ということを赤ちゃんに教えてあげて、お母さんも一緒に歯磨きを楽しみましょう。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする