最初が肝心!?妻が妊娠したら夫としてできることって何?


妻が妊娠!

夫としてはもちろんこの上ない喜びです。

嬉しすぎて飛び上がりたいような、思わず笑顔が出てしまうような感じですよね。

しかし、同時に新しい命を守る責任が肩にのしかかり、なんだかソワソワするような緊張感で胸がざわついたりもしているのではないでしょうか。

実は私もそうでした。

とにかく嬉しいことには間違いないのだけど、漠然とした不安も同時に感じてしまう。

それもそのはずです。

まだ赤ちゃんが産まれたわけでもないし、妻のおなかが膨らんでいるわけでもない。

実感がわかないのも仕方のないことです。

でも、妻のおなかにはしっかりと新しい命が誕生しているのです。

そして、ここから出産までの約10か月、妻は心身ともに大きな変化をしていきます。

夫としても、これまでとは違って、意識してその変化を受け入れていく必要があります。

今回は、妻が妊娠したときに夫にできることを、具体例を交えながら紹介いたします。

新人パパのお役に立つことができれば幸いです!

スポンサーリンク

妻が妊娠したので心構えやできることって何?

まずは、心構えです。

妻が妊娠した時、心構えとして大事なのは、「これまでとは違う」と覚悟を決めることです。

妻には無事に元気な赤ちゃんを産んでもらえるよう、赤ちゃんだけに集中してもらいましょう。

今まで妻がやってきたことは、すべて代わりに自分がやる、というくらいの意気込みを持ちましょう。

妻は妊娠初期から、つわりやホルモンバランスの変化などで体調面でも精神面でもつらい日々を過ごすことが多くなります。

一方、夫は特に何も変化がありません。

そんな中で、これまでと同じように妻に対して接しているのでは、お互いの意識に差が生じて良好な関係が崩れてしまうことが多いです。

まずは、これまで通りにはいかないということを肝に銘じましょう。

夫婦二人、一心同体の気持ちになって子供の誕生を迎えれば、きっと喜びも何倍にもなるはずです。

次に、具体的にできることって何があるでしょうか?

ここでは私が実際に妻の妊娠時に実践して喜ばれたものを挙げてみます。

① マッサージ

妊娠中はとにかく眠かったり、体調が良くないことが多く、妻は横になっていることが増えます。

また、段々とおなかが大きくなってくると日常生活を送るだけでも一苦労です。

そのため、血行が悪くなったり、背中の筋肉が凝ったりします。

そんな時には、マッサージをしてあげると身体が楽になるばかりでなく、夫婦のコミュニケーションも図ることができるのでオススメです。

② 買い物

妊娠中は当然、外に出かけるのも大変です。

日常の買い物は仕事帰りにでも代わりに行ってあげましょう。

妻は食べられるものも限られてきたりします。

前もって何か必要なものや食べたいものがないかをこちらから聞いてあげると、すごく喜んでくれますよ。

③ 家事

掃除や片付け、ゴミ出しなどは基本的に夫が代わりにやってしまいましょう。

妻が動こうとしたら、たとえきつくても「休んでていいよ~」と声を掛けてあげるのが大事です。

一生続くものではないので、この時期は家事のできる夫として頑張りましょう(^^)

料理は大変ですが、妻が食べられないこともあるので、せめて自分の分くらいは作れるようにしておくとベストです。

④ 検診への付き添い

検診は1か月に1度くらいのペースでありますので、できるだけ付き添ってあげると喜ばれます。

ただし、入り慣れない産婦人科で、変にテンションが上がって妻に諭されることのないよう、他の妊婦さんの迷惑にならないようおとなしくしておきましょう。

⑤ おなかへの語り掛け、絵本の読み聞かせ

寝る前におなかに向かって「お~い」とか「いるのか~い」など色んな言葉をかけてあげましょう。

優しくお腹をさすってあげるのもいいですね。

そうする事で、自然と妻とのスキンシップを取る事もできます。

絵本や昔話を読み聞かせしてあげるのもいいです。

赤ちゃんには聞こえてないかもしれませんが、産まれてきた時にこんな風に会えるのを楽しみに待っていたんだよ、と話してあげられると素敵ですよね!

恥ずかしがらずにチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

妊娠した妻の誕生日のプレゼントはどんなものがおすすめ?

妊娠した妻への誕生日プレゼントはせっかくなので妊娠にちなんだものはいかがでしょうか。

きちんと産まれてくる子供のことを考えてくれているということが伝わると妻も安心すると思います。

まず、「妊娠線予防クリーム」「冷え対策ソックス」などはどうでしょうか?

妊娠した妻が意外と気にしていたのが妊娠線。

少しでも妊娠線ができるのを防ぐためにクリームを塗ると良いらしいです。

また、おなかが大きくなってきて下半身にかかる負荷が増えると、つま先が冷え性になることが多いです。

厚手のふわふわソックスをプレゼントすると喜ばれると思います。

他には、妊娠初期に誕生日を迎える場合には、「母子手帳ケース」はいかがでしょう。

最近はいろんなブランドやメーカーの母子手帳があります。

二人で一緒に楽しく選んでみましょう。

子供が産まれた後も数年は使用するものですので、気に入ってくれるものがあると良いですね。

最後は、「旅行」です。

妊娠中期から後期にかけては、安定期に入ってつわりもほぼ治まってきます。

二人きりでゆっくり旅行できるのは最後になるかもしれないので、体調が落ち着いたタイミングでお出掛けしておきましょう。

これらのほかにも、心がこもったオリジナルなプレゼントを考えて贈ればきっと喜んでもらえると思います。

まとめ

以上、お嫁さんが妊娠した時に夫ができることについて書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

夫としては何よりもまず、妻と子のことを第一に考えて過ごすことが大事です。

つらいことも子供の顔を見ればきっと幸せに変わりますから、妻の妊娠期間を楽しみながら頑張っていきましょう!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする