嵐山トロッコ列車内にトイレがあるかどうか?おすすめ座席情報も!


京都の嵐山は、紅葉を楽しめるスポットとして大人気ですよね~♪

そんな紅葉狩りをより楽しめるのが、「嵯峨野トロッコ列車」です。

でも、気になるのがトイレの事・・・

車内にトイレはあるのか?

列車内は暖房は付いてるの?

等など。

ちょっと肌寒い季節だからこそ気になる疑問を、解決して頂きたいと思います(^^)

スポンサーリンク

嵐山のトロッコ列車内にトイレあるかどうか?

トロッコ列車は約25分の乗車時間になります。

乗る前にトイレに行っておいても、もしかしたら途中で行きたくなるかも・・・

っと不安な方もいらっしゃるでしょう。

結論から申しますと、列車内には【トイレはありません】。

ですので、トイレの近い方や小さなお子さんも一緒の方は、事前に必ずトイレに行っておきましょう。

紅葉の見ごろの季節は、案外肌寒いです。

トイレの近い方は、ますます近くなっちゃいますよね(^^;)

列車内には残念ながらトイレはないのですが、トロッコ列車各駅には1つの駅を除いてはトイレはあります。

では、それぞれのトイレ情報を紹介いたします。

駅内の画像をクリックして拡大すると、より見やすいですよ~(^^)

【トロッコ嵯峨野駅】

https://www.sagano-kanko.co.jp/saga.php

トロッコ嵯峨野駅は、4つの駅の中でも一番規模の大きな駅になります。

もちろんトイレもありますし、19世紀ホール内には授乳室もあるので、赤ちゃんをお連れの方は安心です。

おむつ替えシートは、男子トイレにも女子トイレにもあります。

【トロッコ嵐山駅】

https://www.sagano-kanko.co.jp/arashiyama.php

こちらの駅もトイレがあります。

多機能トイレには、おむつ替えシートがあります。

【トロッコ保津峡駅】

※こちらの駅は、駅内にトイレがないので注意しましょう。

【トロッコ亀岡駅】

https://www.sagano-kanko.co.jp/kameoka.php

こちらの駅もトイレがあります。

多機能トイレには、おむつ替えシートがあります。

トロッコ列車はピストン走行しておりますので、往復で乗られる方は約1時間の乗車時間となります。

終点駅に到着すれば、次の発車までは5分ほどあります。

ですので、手早くトイレに行く事も可能です。

ですが、乗車中で途中の各駅にはほんの短い時間しか停まりませんので、ご注意下さいね(^^;)

スポンサーリンク

嵯峨野トロッコ列車に冷暖房は付いてるの?

紅葉の季節は案外とひんやりしているものです。

しかもじっと席に座っていると、余計に寒さを感じてしまいますよね。。。

トロッコ列車には残念ながら基本的に冷暖房は付いておりません。

ですが特に寒い時期には、1つの車両だけ石炭ストーブが設置されます。

設置される時期は、その年の気温等や状況により多少前後はします。

基本的には、12月の中旬頃から12月の最終運転日までと、3月の中旬頃までになっております。
(※ちなみに1月と2月はトロッコ列車は運行していないです。)

2018年度は12月13日(木)から石炭ストーブが設置される予定になってますよ♪

そして2018年度に設置されるのは3号車のみの予定です。

設置場所は赤枠の部分になります↓

トロッコ列車 座席表

寒がりの方や、トイレが近い方には嬉しいですね(^^)

ですが、一番の紅葉の見頃の時期にはストーブがないのがちょっと残念ですね・・・

さいごに

嵯峨野トロッコ列車は、紅葉をより楽しませてくれる列車です。

シーズンになると、チケットを取るものやっとこさです(^^;)

しっかりと事前にお得な情報を入手して、しっかりと楽しんで来て下さいね~♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする