国旗自由研究 世界の国旗のまとめ方小学生向け 1日でも出来る!


小学生の夏休みの宿題で一番の肝になるのが、【自由研究】です。

算数ドリルや漢字の宿題は子供に任せておけばいいですが、自由研究は親もある程度手伝わないといけない場合がほとんどです。。。

だから、親にとっても早く終わらせてほしい夏休み宿題ナンバーワンなはずです(^^;)

今回は自由研究に【国旗について】をテーマにしたけれど、どんな風にやっていったらいいのか?

どんな風にまとめたらいいのか?

等についてお悩みの方に向けて記事を書いてみましたので、どうぞご参考にしてみて下さいね(^^)

やり方によっては、1日でも出来ちゃいますので、夏休み最終日でもきっと間に合うはず!

便利なサイトも合わせてご紹介しますので、ご安心下さいませm(_ _)m

スポンサーリンク

国旗自由研究 世界の国旗について調べよう!

世界の国旗を自由研究の題材にするにあたり、まず最初の関門として小学校によっては

自由研究でなぜそのテーマを選んだか?

思いついた理由は?

等を書かないといけません。

学校によっては書かなくていい場合もあるかもしれませんが・・・
(ちなみに我が子の通う小学校では書かないといけません(^^;))

もし書かないといけない場合の参考例を書いておきますので、お子さんの学年等の状況によりアレンジしてみて下さいね(^^)

◎サッカーが大好きなので、いつもテレビで試合の放送があれば必ず見ている。

その時に相手チームの国旗が分かるので、だんだんと国旗に興味を持つようになったからです。

◎運動会では毎年カラフルな旗が飾られいるので、いつも綺麗だなぁ~と眺めている。

世界の国旗にはもっとカラフルで面白いデザインがあるのかなぁと思い調べてみる事にしました。

◎オリンピックでは色々な世界の国旗を見る機会があるけれど、とてもよく似たデザインがあるのに気付いた。

よく似たデザインの国同士はやはり交流が盛んだったり、何か意味があるのかが気になり調べてみることにしました。

◎スポーツの大会等でよく目にする国旗だけれど、国旗で良く使われている色、あまり使われていない色がある事に気づいた。

国旗の色やデザインにはどんな意味があるのか知りたくなり研究してみることにしました。

等のような感じで、書いてみるといいですよ~。

ご参考にしてみて下さいね♪

スポンサーリンク

世界の国旗の自由研究はこんな事を調べよう!

前章では、研究の動機等をご紹介しました。

この章では、国旗のどんな事を調べればいいのかの例を挙げていきますね。

全世界の国旗を調べる必要はないと思いますので、主要な国や自分が好きな国、気に入ったデザインの国旗の国を選ぶと良いですね♪

①なぜその国旗デザインになったか?・・・国旗のデザインは決して適当に作られたものではありません。

どんな意味が込められているのか?

その色の意味は?

等、【国旗の自由研究】の心臓部分になります。

② 世界の国旗をデザインによって分類

デザインをグループによって分けて紹介するのもいいですね。

【例】

横線だけでデザインされた国旗・・・アルメニア・イエメン・コロンビア・タイ・ラトビア 等

縦線だけでデザインされた国旗・・・ アイルランド・コートジボワール・ ナイジェリア・ベルギー 等

月が描かれた国旗・・・アゼルバイジャン・ウズベキスタン・コモロ・シンガポール・トルコ 等

星が描かれた国旗・・・リベリア・ミクロネシア・ベネズエラ・東ティモール・ソマリア・カメルーン 等

鳥が描かれた国旗・・・アルバニア・エクアドル・カザフスタン・ザンビア・セルビア・モルドバ 等

2色だけでデザインされた国旗・・・日本・モナコ・ベトナム・フィンランド・トルコ・キルギス・ウクライナ 等

その他にも、「王冠が描かれた国旗」や「剣が描かれた国旗」や「植物が描かれた国旗」等、色々あります。

自分が気付いたデザイングループで分けてみるといいですよ。

③色によっての意味の違いを比べてみる。

国旗の色にはちゃんと意味があるのですが、例えば同じ「赤」であっても、違った意味で使っている場合があります。

【例】 ・・・アフガニスタン → 独立の為に流された血を表す。

韓国 → 陰と陽の「陽」を表している。

ミャンマー → 勇気と決断力を表している。

アメリカ → 母国のイギリスを表している。

ガイアナ → 熱意と活力を表している。

リビア → 剣を表している。

等、「赤」といっても国により違った意味合いで使用されているのも、何だか興味深いですね。

赤以外にも他の色でも調べてみるのもいいですね。

④とても良く似ている国旗を調べる。

世界の国旗の中には、非常に似ている国旗同士があります。

そんな国旗を分けてみるのも楽しいですね。

例  日本とバングラデシュ

インドネシアとモナコ

オランダとルクセンブルク

カタールとバーレーン

等があります。

よく似ている国旗をペアにしてみましょう。

⑤地域により国旗のデザインの特徴を調べてみる。

世界は地域によって大きく分けられていますね。

例えばアジア・アフリカ・オセアニア・南アメリカ等など。

その地域によって、よく使われているデザインにはどんな物があるか?

どんな色が多く使われているか?

等、自分なりに発見出来たこと・感じた事をまとめてみるのもいいですよ。

例 オセアニア・・・イギリスの国旗が一部に描かれている国が多いけどなぜ?

その理由は?

アフリカ・・・国旗に緑色がよく使われているようだけどなぜ?

その理由は?

こんなような感じで、一例を挙げさせて頂きましたが、他にも色々と考えられると思います。

その辺りはご自身でもアレンジしてやってみて下さいね(^^)

しかし、1つずつ国ごとに調べていくのはとても大変です。

そこで国旗の事を調べるのに、とっても効率良く調べられる便利なサイトがあります!

そのサイトがこちらです
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.asahi-net.or.jp/~yq3t-hruc/index.html

国旗のデザインの意味だけでなく、首都や人口、通貨や言語や国の面積等も分かりやす紹介してくれているのでおすすめです!

このサイトがあれば、国旗の自由研究はかな~りはかどります!

【国旗クイズ】の項目もとっても面白いですし、自由研究のヒントにもなるので是非やってみて下さいね(^^)

自由研究の世界の国旗のまとめ方!

前章では国旗のどんな事を調べるのかをご紹介しました。

この章ではどんな風にまとめていくかをご紹介したいと思います。

まず、学校からの指定があればそれに従わなければいけません。

紙(画用紙)の大きさや、絶対に書かなければいけない必要な項目等。

でも特に指定がない小学校の場合には、どんな風にまとめたらいいのか余計に迷ってしまいますよね(^^;)

そんな時には、自由研究に使える時間によってまとめ方を選んでみて下さいね。

【評価が高いまとめ方】

基本的には全て「手書き」が一番評価や印象がいいです。

手間暇がかかったのが一目瞭然ですからね(^^)

先程ご紹介させ頂いたサイトを参考にして頂いて、

◎手書きした国旗の下に、その国の基本情報を書きます。
(人口や面積や言語等)

◎さらにその下には、国旗のデザインの意味を書きます。

◎余裕があれば、その国の補足情報も入れるといいです。
(先程ご紹介したサイトを参考にしたり、主な産業や有名な物を検索して調べてみましょう。)

◎世界地図を書いでその国がどの場所にあるのか番号をふって記載する。

※世界地図を書く時間がない場合には、こちらのサイトを利用してもいいです
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.freemap.jp/itemFreeDlPage.php?b=world&s=world1

無料で世界地図の白地図がダウンロードできるので便利ですよ~。

画面の中部左側辺りに、【無料でダウンロードする】と赤地に白文字で書いてある項目があると思うので、そこからダウンロード出来ます。

(※ご覧になる時期により、表示が変更されているかもしれませんので、ご自分でもしっかりとご確認下さいね)

書く内容は、時間の余裕具合によっていくらでも調節できます。

それが【世界の国旗の自由研究】のいいところです(^^)

こちらのサイトも、国の補足情報を入れたり、研究のボリュームを出すのに便利なサイトです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.mofa.go.jp/mofaj/kids/ranking/index.html

【世界雑学ランキング】や【世界の学校を見てみよう!】の項目(サイトの左側部分)をチェックしてみると、補足情報を入れる時に便利です。

【世界の国旗】の項目では、地域を選択後に国旗一覧の右上部に「印刷用ページ(PDF)」がありますので、小さいサイズの国旗の画像がほしい場合に便利です。

もう少し大きめの国旗の無料画像がほしい場合には、こちらのサイトも便利です
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://print-kids.net/print/other/kokki-card/

これらのサイトを駆使しながら、4つ切り画用紙を縦長になるように使用して、縦に繋ぎ合わせてまとめるといいでしょう。

縦長にしておけば、丸めて学校に持って行きやすいのでおすすめです。

色鉛筆やペン等を適宜使用しながら、カラフルに見やすく仕上げましょう。

もう夏休みの残り日数がほとんどなく、画用紙等に書いていてはとてもじゃないが間に合わない!!

1日で仕上げないとヤバイ!!!

という場合には、100均等でA4サイズのブックファイルを買ってきます。

そして、先程ご紹介させて頂いた複数のサイトの必要な部分をA4サイズにコピーして、ファイルのポケットにそっと入れてしまいましょう(^^;)

100%印刷したものばかりはさすがに先生に怒られそうなので、コピーで済ませる部分を多めにして、手書きの部分も少し入れるようにしましょうね。

そうすれば、夏休みラスト1日でも間に合うはずです(^^)

まとめ

国旗の自由研究は、世界の色々な情勢等を知れるきっかけにもなるおすすめの研究です。

理科の実験の自由研究等と比べると、準備する道具等もほとんどいりませんので安上りですしね(^^)

失敗等もありません。

そして、調べた事は大人になってからも役立つ事がたくさんあると思います。

どうぞ、楽しみながら世界の国旗の自由研究を進めていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする