体操帽子ゴム付け替え方 赤白帽子ゴム交換は手縫いもミシンも簡単♪


小学校の体育の授業等で使う赤白帽子(体操帽子)は、使っているうちにゴムが伸びてきちゃいますよね・・・

表面(赤)と裏面(白)が違う色なので、ゴムの付け替えをする時に少々やっかいにも感じます。

でも、大丈夫♪

やり方を覚えてしまえば、簡単にゴム交換が出来ちゃいますよ~。

今回は「手縫い」でやる方法と「ミシン」でやる方法をそれぞれ画像を入れて詳しくご紹介致します。

両方とも簡単ですので、お好きな方でやってみて下さいませ(^^)

スポンサーリンク

赤白帽子(紅白帽子)のゴムの付け替え方 手縫い編

まず最初にご紹介するのは、【手縫い】での付け替え方です。

ミシンを使うのが苦手な方や、そもそもお家にミシンがない方。

ミシンはあっても、かなり奥にしまってあって出すのが面倒な方に向いてますよ~(^^)

では、まずは準備する物から☆

準備と言っても、大した物はいりません。

こちらになりま~す。
↓ ↓ ↓

◎平ゴム・・・お好みのサイズの平ゴムを用意。

おすすめは8コール(約7mm幅)です。

◎赤と白の手縫い糸

◎リッパー

どれも100均でそろいますね(^^)

(もう、既にお家にありますかね。。。)

ではやり方の手順です☆

まずは、ゴムを外します。

ここでちょっと見て頂きたいのが、こちら↓

赤い生地に赤い糸で縫い付けてあります。

生地の種類によっては糸が見えずらいですよね・・・

リッパーで糸だけ切ろうと思っても、失敗すれば大事な生地を傷つける恐れがあります。

うまく切れたとしても、切った糸が表面に残ってしまうので、見た目も悪くなります。

ですので、私はいつもここから糸をカットします。↓

赤面と白面の継ぎ目をめくりあげて、そこの糸をカットします。

ゴムはどうせ捨てるので、傷んでも構いません。

なので、ゴム付近の糸をリッパーで切ります↓

無事にゴムが取れました(^^)↓

反対側のゴムも同様に外しましょう。

古いゴムの長さを参考にしたりして、新しいゴムを準備します。↓

では、いよいよ縫っていきます。

強度をしっかりと保ちたいので、2本どりにします。↓

新しいゴムを1.5cm程、元の位置に差し込んで縫っていきます。

玉結びが内側に隠れるように、画像のような位置で縫い始めていきます。↓

後は、白い布は縫わないようにして、波縫いで縫っていきましょう。

赤い糸にしているので、表面に波縫いが見えても目立ちませんので大丈夫です。

ゴムの部分はこんな感じで赤い糸が見えます。↓

縫い終わりも、縫い始め同様に内側に玉止めをします。

生地の継ぎ目に玉止めを隠すと見た目も綺麗です↓

同じ要領で、次は白い面も縫っていきます。

最初のひと針目は、画像のように刺します。↓

そして、赤い面には糸が出ないように、波縫いしていきます。↓

赤い布はよけますよ~↓

最後は内側のこの辺りで玉止めをします。↓

これで完成で~す☆↓

取り替えた跡もほとんど分かりません♪

スポンサーリンク

赤白帽子のゴムの付け替え方 ミシン編

次にご紹介するのは、ミシンを使ったゴムの付け替えです。

まずは、先程と同じようにゴムを外します。

そして、新しいゴムを元の場所に1.5cm程差し込みます。

そしてここからが一番のポイントになります。

ミシンの上糸を赤にします。

下糸(ボビンの方)は白にします。

上糸と下糸で違う色を使うと、見た目も綺麗に仕上がりますよ~♪

赤い面を外側にして、縫っていくだけです。

ゴムの幅よりも5mm程は大きくなるように縫いましょう。

画像の点線の部分を往復して縫いましょう。↓

ちょっと長めの「返し縫い」って感じです(^^)

ミシン目は2mm程でいいですよ~。

完成です☆

表(赤面)から見るとこんな感じ。↓

裏(白面)から見るとこんな感じ。↓

ミシンさえ準備してしまえば、手縫いよりも簡単で綺麗に仕上がりますよ~♪

片方は「手縫い」、もう片方は「ミシン」で縫ったゴムをきつめに引っ張ってみました。↓

両方ともしっかりと縫い付けられているので、少々の事では外れません(^^)

赤白帽子のゴムが少し伸びてしまったらまずはこうしよう

ゴムの取り替えは、慣れてしまえば簡単です。

ですが、忙しい主婦にとっては少しでも楽な方がいいに決まってますよね~(^^)

ゴムがあまりにも伸びてしまったら取り替えた方がいいですが、応急処置で乗り越えられる場合もあります。

近いうちに取り替えるけれど、「今日は忙しいから無理!」って場合ありますよね?

そんな場合の方法です。

まずは半分の位置でゴムをカットします。↓

そして、いらない部分が短くなるように団子結びしましょう。↓

後は、余分な部分を切っておけば完了です☆↓

とりあえずの間に合わせをしたい場合は、この方法でまずは乗り越えましょうね(^^)

最近では、こんな便利な赤白帽もあるみたいですね・・・
ビックリ!( ゚Д゚)

まとめ

手縫いでもミシンでもどちらでも構わない場合は、個人的にミシンの方をおすすめします。

ミシンを出すのはちょっぴり面倒ですが、出してしまえば簡単にきれいに仕上がりますのでね。

どうぞご参考にしてみて下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする