スナックパインの食べ方や切り方や食べ頃は?★画像で解説★


スナックパインといえば沖縄の名産ですね♪

近所のスーパー等で売っている普通のパイナップルは買った事があるけれど、スナックパインはどんな風に食べるんだろう・・・

そんな、初めてスナックパインを食べる方の、色々な疑問を解消して頂きたいと思います(^^)

切り方や食べ頃等についてもご紹介しておりますので、どうぞご覧になってみて下さいね~!

スポンサーリンク

スナックパインの食べ方は?

スナックパインは普通のパイナップルよりも酸味が少なく糖度が高いのが特徴ですので、そのまま生で食べるのが一番です。

そしてやっぱり冷蔵庫で冷やして食べるのがおすすめです!

スナックパインは甘みも強いので子供のおやつにもぴったりですよ~。

小ぶりですし、ついつい手が伸びてしまう美味しさなのですぐに食べきってしまうと思います(^^)

皮ごと冷蔵庫に入れて保存すれば5日ぐらいは十分もちますが、すぐに食べれそうにない場合には外側の皮をむいて適当な大きさにカットして、冷凍保存バッグやタッパー等に入れて冷凍保存するようにしましょう。

冷凍保存すれば1か月~2か月ぐらい保存可能です。

では、次章からは実際の切り方を画像入れながらご紹介していきますね~。

スナックパインの切り方は?

スナックパインの切り方には2パターンあります。

◎普通に包丁でカットする方法

◎指でちぎって食べる方法

です。

まずは包丁でカットする方法から☆

いつも私がやっている方法をご紹介しますね~(^^)

表面をざっと流水で洗い流して、まな板の上に乗せます↓

お尻のヘタの部分をカットします↓

上の葉の部分もカットしましょう↓

縦にして、二分の一にカットしま~す↓

さらに縦に三等分しま~す↓

矢印の方向に包丁を入れて、外側の硬い皮をカットします↓

後は、お好みの大きさにさらにカットして終了です☆↓

※スナックパインの場合は、芯の部分も食べれます

「食べれる」というよりも、コリコリした食感で、甘みもあってとっても美味しいです。

実の部分よりも、芯の部分の方が好き!

という方もいらっしゃるぐらいです(^^)

ですので、捨てずに食べるのが断然おすすめですよ~!

次にご紹介するのは【手でちぎって食べる方法です】

スナックパインと言えば、この食べ方が有名かもしれませんね(^^)

お尻のヘタを包丁でカットした後は、小さな固まりごとに親指でちぎっていくだけです↓

ぽろぽろと取れて何だか楽しいですよ~♪

食べる時には、外側の硬い皮を残すようにして食べていきます。

イメージ的には、吸いながら食べるという感じでしょうか(^^)

指でちぎっていくと、画像の丸印のような感じでボコボコした形の芯が残ります↓

この残った芯も美味しく頂けますので、捨てずに召し上がって下さいね~(^^)

スポンサーリンク

スナックパインの食べ頃はいつ?

前章では切り方や食べ方をご紹介しましたが、美味しいスナックパインをより美味しく食べる為の【食べ頃】はいつなのでしょうか?

どうせ食べるなら、やっぱり一番の食べ頃で食べたいですもんね(^^)

実はスナックパインをはじめ、ほとんどのパイナップルが収穫後には追熟しない果物なのです。

「ピーチパイン」等の一部の品種を除いて、保管しておけば甘みが増していくという訳ではないのです。

スナックパインでも外側の皮が黄色ではなく、緑っぽい物もあります。

ですが、しっかりと完熟(成熟)してから収穫しておりますので、外側の皮の色は関係ないのです。

もしお土産等で頂いたりしたスナックパインが緑色だったりしても、しっかりと完熟していますので、すぐに食べても大丈夫なのです。

スナックパインは購入したり頂いたりしたら、腐ったり傷んだりする前に早めに食べるのが一番のおすすめですよ~♪

まとめ

スナックパインは甘みがしっかりとあって、小ぶりながら芯まで美味しく食べれるおすすめの果物です。

冷蔵庫でひんやりと冷やして、どうぞご堪能下さいね~(*´▽`*)

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする