幼稚園や保育園の先生へ出す暑中見舞いの宛名の書き方はこれ!


お子さんの通う幼稚園や保育園に暑中見舞いを出そうと思い、ふと悩んでしまうのが宛名の書き方です。

園長先生の名前で出すのか、担任の先生の名前で出すのか、それとも連名がいいのか・・・

いやいや、お世話になってる職員の方全員に向けて宛名を書くのがいいの!?

等など、考えれば考える程分からなくなちゃいますよね(^^;)

そんなお悩みのお役に立てればと思いますので、是非ご覧になってみて下さいね~(^^)

スポンサーリンク

幼稚園や保育園の暑中見舞いの宛名はどうする?

園への暑中見舞いの宛名を書く時に迷うのが

①担任の先生のみ

②園長先生と担任の先生の連名

③園の職員の方全員に向けて

辺りだと思います。

結論から申しますと、どれが正解でどれが間違いというのはないです。

ですので、園での先生方との関わり等を思い出しながら、どの宛名にするか決めていくといいですよ(^^)

では、それぞれ見ていきますね。

①担任の先生のみ

普段の保育のお世話は、ほぼ担任の先生がほとんどして下さっている場合には担任の先生のみでいいです。

園長先生とは直接あまり関わりがなく、出会った時にちょこっと挨拶をする程度ぐらいの関係性の場合です。

そんな場合には、

【書き方】

幼稚園の住所

○○幼稚園
○○○○先生
(担任の先生の名前。フルネームの方が丁寧な感じでおすすめです。)

となります。

③園長先生と担任の先生の連名

園長先生も子供たちの保育のお世話をよくされている場合です。

園長先生もお子さんの名前をしっかりと把握されているような関係性の時には、連名にするとよいでしょう。

【書き方】

幼稚園の住所

○○幼稚園
○○○○園長先生
○○○○先生
(担任の先生)

となります。

※連名にする場合には、立場が上の方を先に書くようにします。

ですので、この場合には園長先生を先に書き、その左横に担任の先生の名前を書くようにします。

③園の職員の方全員に向けて

この宛名は、担任の先生や園長先生はもちろんの事、用務員の方や補助の先生等にも関わりが深い場合です。

そんな場合には、日頃の感謝を込めて職員の方全員に向けての宛名も良いでしょう。

【書き方】

幼稚園の住所

職員御一同様

となります。

もし暑中見舞いハガキを園に送るのではなく、先生がお住まいの住所に直接送る場合にお勧めなのは

【書き方】

先生の住所

○○○○様

です。

プライバシーの保護の為にも、「先生」と表現せずに「様」と書いておくのが無難です。

先生によっては、郵便配達に人に先生をしているのを知られるのが嫌な場合がたまにあります。

ですので、念には念を入れて「様」にしておくのがお勧めです。

間違っても、「先生様」にならないようにしましょう(^^;)

「先生」と表現すればそれ自体が敬称になります。

ですので、【○○○○先生】と書けば敬っている事になるのです。

「先生」と「様」をくっつけて「先生様」としてしまうと、二重敬語となり間違いになりますのでご注意を。

もしどうしても、どの宛名にしていいか迷ってしまう場合には、

【書き方】

幼稚園の住所

○○幼稚園
○○○○園長先生
○○○○先生
(担任の先生)

と園長先生と担任の先生を連名にしておくと一番無難ですね(^^)

ご参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

幼稚園へ出す暑中見舞いハガキで気を付けたいこと

これは我が子が以前通っていた幼稚園での話になります。

ですので、貴方のお子さんが通ってらっしゃる園に当てはまるとは限りませんので、その点はあしからず(^^)

ちなみに我が子が通っていた幼稚園はふつ~の公立の幼稚園でした。

毎年2学期の始業式の日には既に、教室の後ろの掲示板に園児からもらった暑中見舞いハガキを先生が貼り出しているんですよね~。

幼稚園だったので長い夏休みがありましたので、その間に担任の先生が2学期に向けてせっせと教室の飾り付けをされます。

その時にせっかくだからと、暑中見舞いハガキの裏面の方を見えるように貼って飾るのです。

ですので、もしかしたら貼り出したりするかも?しれないという事を一応覚えておいていただければと思います。

貼り出すんだったら、違うデザインにしたのに~!?っとならないようにして下さいね(^^)

暑中見舞いの文例で、どんな風に書いたらいいのかな~とお悩みの場合には、こちらの記事もご覧になってみて下さいね~!↓

幼稚園の暑中見舞い文例紹介!先生への書き方や例文ご紹介!

まとめ

いざ書くとなると、迷ってしまう園への宛名。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです(^^)

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする