読書感想文を低学年にスムーズにさせる本選びから読み方書き方紹介!

7c418ad12916be8b26f94fe03e100fae_m

夏休みの宿題の目玉!?ともなる読書感想文。

本好きのお子さんや、文章を書くのが好きなお子さんなら、

低学年であっても自分でそれなりの感想文が書けます。

しかし、本を読むのも嫌い。文章を書くのも嫌い。

そもそも、鉛筆を持つのも嫌い・・・

そんなお子さんの場合は、親としてはホントに困ってしまいますね(:_;)

そんなお悩みのお役に立てればと思います(^^♪

スポンサードリンク
  

読書感想文を低学年の子供がする時に一番大切な事

小学校によっても違いがありますが、1年生から読書感想文の宿題が
夏休みの宿題として出るところがあります。

平仮名を書くだけでもやっとなのに、本を読んで感じた事を文章にして、
原稿用紙にまとめる。

これ、1年生や2年生ではかなり難しいです。
3年生でも苦手なお子さんはたくさんいることでしょう。

ですので、まず低学年の読書感想文は親が手伝って当然!と思いましょう。

普通の勉強だって子供が分からない時は、
親が家で教えているのですから。

読書感想文だって子供がやり方が分からない時は、
親が教えてあげるべきです。

手伝う事にマイナスのイメージを持つのをまずやめましょう。

そしてもっと大切な事は、お子さんが「本を読む事は楽しいなぁ」と思ってくれる事ではないでしょうか?

読書感想文が上手に書ける事よりも、
本を読むことは楽しいことだなぁと気づけば、
その子にとって一生の財産になります。

ですので、「先生に褒められる様に上手に書く」という思いは捨てましょう。

親が手助けをするのはもちろんいいですが、
読書感想文がうまく書けないお子さんを叱ったり、
バカにしたりするのは、本を読む事自体も嫌いになってしまいます。

親から見たら、もっとこう書いたら先生からの評価も上がるのに~等は
心の中にグッとしまっておきましょう(^^)

読書感想文は、その子が思った素直な気持ちを書けば十分なのです。

どれが正解でどれが間違いなんてありません。

心を軽くして、「本を楽しめたらそれで100点」ぐらいの気持ちで、お子さんと読書感想文に取り組んで下さい(^^♪

読書感想文を書く為の低学年の本選び

本選びも、親としましてはついつい推薦図書の本等を選びがちです。
推薦されてるような立派な本だから、
子供に読んでほしいという気持ちからでしょう。

しかし、「読書」と言うものは、文字を読んでその文字から
場面や意味がイメージ出来ないと、意味がだんだんと分からくなってきます。

すると楽しくなくなってきますから、
1冊を読み切る事が出来なくなるのです。

そりゃそうです。
意味も分からずただ文字の音だけを拾って読んでいて
楽しいはずがありません。

話はそれますが、小学校の毎日の定番宿題の音読も注意しましょう。

あれは、何度も何度も同じ文章を読ませますので、
だんだんと暗記のようにスムーズな感じになり、
聞いている側はとっても上手に読んでいるので、
子供自身も内容もしっかりと感じれていると錯覚します。

ですが、子供の頭の中は単に文字の発音を意味なく追う癖が
付きやすいので気を付けて下さい。

上手にうまく発音して文章を読むのと、
しっかりと意味をとらえて感じ取れるのは全く違います。

くれぐれも「本読み上手の本嫌い」にならないようにしましょう。

これを防止するには、毎日の音読の宿題の代わりに、
自分の家にある本を1ページしっかりと味わいながら音読させるといいでしょう。

そうすれば、文章を読む時に文字の発音だけを追う読み方を
しなくなります。

ですが、学校から出ている宿題ぐらいはきっちりさせないと、
みんなから遅れをとる!

と思う親御さんも多いでしょうから、きっちりと毎日本読みに
取り組んでいるご家庭も多いでしょうね・・・

すみません、話を元に戻しますね(^^)

読書感想文に選ぶ本は、必ずお子さんが気に入った物にします。
その気に入った物が、親から見れば幼い感じがしても、
「本を読むことは楽しいなぁ~」
一番の大本命ですので、お子さんに選ばせてあげましょう。

8月の終わりの方になって、読書感想文の宿題に取り掛かると、
どうしても焦ってしまて、親もイライラしがならの手伝いになってしまいますので、
夏休みに入ったら出来るだけ早く本を選んでしまいしょう。

早めに取り掛かれば、気に入った本がなくても、
別の本屋さんに行ってみたり、図書館で借りたりもできますので、
余裕を持って取り組めますのでお勧めです。

どうしてもお子さんが選びきれない時は、
お子さんの趣味に合わせてお母さんが選んであげてもいいですが、
あまり文章の長い物は選ばず、会話が多いめの物を選ぶと読みやすいです。

絵がたくさんある物の方がイメージのきっかけになります。

これだったら、うちの子でも読めそうだわ~と思う物を選びましょう。

背伸びをして、難しめの物を選ぶとNGです。

スポンサードリンク

読書感想文の低学年のお子さんの書き方

まず、書こうと思ったら、読まないといけません(^^)

読書の好きでないお子さんの場合だったら、
夏休みの間に急に読書好きにするのは難しいので、
読む事自体も嫌がってしまう場合は、お母さんが読んであげましょう

低学年の場合は、字を読むこと自体にまだ慣れていませんので、
字を読むのに精一杯で、それにパワーを使ってしまい、
肝心のイメージにする方までパワーが残りません。

ですので、低年ぐらいまでは、自分で読むよりも読んでもらう方が、
難し目の本を楽しめるのです。

もし、お子さんが読むを嫌がるようなら、
お母さんが喜んで読んであげましょう(^^♪

次に書き方ですが、本を読んだ後に、
「さ、読んだ感想自由に書いてみて~」と言っても、
おそらく無理でしょう。

インタビュー形式でお子さんに色々と聞いてあげて、
それをお母さんが紙にメモっていきます。

例 親「○○は、どうしてたくさんの本の中からこの本を選んだの?」

  子「なんか、面白そうだったから」・・・おそらくこのように短い言葉で言うと思います。

  親「そうなんだ♪確かに、何だか楽しそうな絵だもんね。動物がたくさん書いてあるから?」

  子「違う。お菓子の絵が書いてあって、美味しそうだったから。」・・・いい調子です。

  親「確かに○○は、お菓子好きだもんね♪でも、○○の大好きなチョコレートの絵は書いてないよ?」
 
  子「書いてないけど、このカステラみたいなやつがすごい美味しそう。食べたいな~。
   
    今日のおやつカステラにしてよ♪」・・・十分に読書感想文に書ける感想です。

  親「うん。いいよ。じゃあ、後でスーパーに買いに行こうか(^^♪」

  この会話を、お母さんが紙にまとめます。

まとめると言っても、あまり上手にまとまてしまうと
お子さんの書く練習になりませんので、
簡単にまとめます。

  <この本を選んだのは?>
 
  表紙のお菓子の絵がとても美味しそうだったから。

  ○○はチョコレートが大好きで、そのチョコレートの絵はなかったけれど、

  カステラがすごく美味しそうで、すぐにでも食べたくなった。

スーパーに買いに行っておやつにした。

  
この内容を、お子さんに文章にしてもらいます。

文章・・・「僕は、この本をお母さんと一緒に本屋さんで見つけました。

 いっぱい本があって迷ったけれど、この本にしました。

 表紙にたくさんのお菓子が書いてあったから、読みたくなりました。

 僕はチョコレートが大好きだけど、チョコレートの絵はなかったです。
 
 でも本に書いてあったカステラの絵を見て、すごく食べたくなって、お母さんと一緒に

 カステラを買いに行きました。 そのぐらい、美味しそうに見えました。」  

 親「○○は、この本の中でどの場面が一番好き?」

  子「竜が出てくるところ」

  親「竜が出てきて、どんな気持ちがした?」

  子「すんごい、ビックリした!食べられちゃいそうだから」

  親「主人公の△も、ビックリしたかな?」

  子「ビックリしたと思うけど、逃げなかったからすごいよ!」

  親「○○なら逃げる?」

  子「そりゃ、逃げるよ!?あんな大きな口してるから、絶対に勝てないよ」

親「どうやったら、○○でも勝てるかな?」

  子「竜が寝るまで待つかな?」

  親「寝てる時にやっつけるんだね(^^)いいアイデアじゃん」

  子「△も、そうすれば怪我をせずに済んだのに!」 

文章・・・「僕が一番好きなところは、竜が出てくるところです。

  竜が出てくるところはビックリして、怖かったけど、一番好きなところです。
 
  とっても、ドキドキして、△がどうなってしまうのか心配でした。

  △は、食べられてしまうと思いました。

  でも、大きな口の竜なのに、△は逃げなかったので、すごいなぁと思いました。

  かっこいいなぁと思いました。

  僕なら絶対に逃げると思います。でも僕もみんなの為に竜をやっつけたいので、

  僕だったら竜が寝るのを待って退治します。

  その方法なら僕にも出来そうです。僕の考えた方法だったら、△も怪我をせずに

  済んだと思うので、△に教えてあげたかったです。

  そして、僕も竜を退治してみんなに喜んでもらえたら、とっても嬉しいだろうと

  思います。」

後は、内容によって「一番悲しかった場面」や「嫌いな場面」等を
インタビューしましょう。

実際に文章にする時には、文章的にあきらかにおかしいところ以外は、
出来る限りお子さんの書きたいように書かせてあげましょう。

文章の組み立てを親が手伝てあげてもいいですが、
お子さんが感じてない事まで、色気を出して書かないようにしましょう。

手をたくさん加えてそのお陰で、作品が入賞してしまっても
親にとっても子供にとっても後味が悪くなるので、
くれぐれもお気を付け下さい。

まとめ

少々、文章的に変だったり、そんな事思ったの?と感じても、
出来る限り、お子さんの素直な気持ちを書かせてあげましょう。

そうする事で、読書感想文は自分の思った事を書いていいんだ♪

本を読むのもなかなか楽しいな♪と思ってくれます。

すると、来年からはどんどんスムーズに書けるようになっていくでしょう。

「本を読むのは楽しいな~♪」これを体験させてあげれれば、親としては大万歳です(^^♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする