ママ友への年賀状の一言メッセージの例文と宛名の書き方ご紹介!


学生時代の友人になら、年賀状に書く一言メッセージは
思い付きやすいですが、子供を通じて知り合った
「ママ友」にはどんなメッセージにするか意外と
悩やんだりするものです。

どんな内容のメッセージを書けばいいの?

宛名はママだけか、そのママの子供も連名で
書くの?

それとも世帯主のパパの名前!?

等など、ママ友へ年賀状を出す時には色々と
考えてしまいますよね?

そんなあなたに、年賀はがきのメッセージの例文と
宛名の書き方をご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク
  

ママ友への年賀状の一言メッセージの例文!

幼稚園や保育園等で、子供を通じて仲良くなった
ママ友さんに年賀状を出そうと思っているけれど、
手書きではない印刷だけの年賀状を出すのも
何だか味気ないですよね(^^;)?

一言手書きのメッセージがあるかないかで、
かなり受け取る側の印象が違ってきます。

かと言って、新年早々に相手の方を不愉快にしてしまう
ようなメッセージは避けたいところです。

ですので、今からご紹介させて頂く文例をご参考に、
そのまま使用して頂いてもいいですし、状況に合わせて
アレンジしてみて下さいね♪

(※本来の年賀状は、文章には句読点は付けないのが
 昔からの習わしではあるのですが、近年ではあまり
 気にしない方がほとんどですので、仲良しのママ友さん
 への年賀状なら、あまりこだわらなくてもいいです)

【例文】

◎昨年は親子共々とってもお世話になり
 ありがとうございました。

 今年も仲良くして頂けると嬉しいです!

◎昨年はお家にたくさんお邪魔させて頂いて
 ありがとう!

 また近いうちに、我が家にも是非遊びに来て
 下さいね~!

◎昨年は色々なイベントを開催出来て楽しかった
 ですね♪
  
 今年も親子でたくさん楽しみましょうね~♪

◎この一年が○○君(子供の友達)や○○さん(ママ友)に
 とって、素敵な年になりますように。

 どうぞ今年も宜しくお願い致します。

◎昨年は○○さんのお陰で本当に楽しい1年間でした。

 ありがとうございました。

 今年もランチ会開催を楽しみにしております!

◎昨年はお互い色々と忙しかったですが、今年は
 ゆっくりとご飯を食べに行ったりしたいですね!

 始業式で会えるのを楽しみにしております♪

◎今年も笑顔の1年になるように、お互い楽しく
 頑張りましょうね!

 また一緒にお茶出来るのを楽しみにしております。

◎旧年は色々な相談に乗ってもらって本当に
 ありがたかったです。

 今年もまたたくさんお世話になると思いますが、
 親子共々どうぞ宜しくお願い致します。

◎昨年はたくさんお話しが出来てすごく楽しかったです。

 今年もまた楽しい1年になりますように!

あまりにも短すぎる一言だと、ちょっと寂しいですので、
3行ぐらいのメッセージがちょうどいいと思います。

お子さんを通じて仲良くなったママ友さんだった場合で、
お子さんが絵や字が書けるようなら年齢なら、
お子さんにも是非書いてもらいましょう。

すごく歪んでいる字でも、一生懸命書いているのが
伝わればそれだけで好感度アップです。

お子さんの書くメッセージは本当に一言で十分です。

年賀状だから新年の挨拶っぽいものにしないといけない
とかは、あまり考えないでいいです。

例えば、

◎ ○○くん(お友達の名前)またあそぼうね

◎ ○○ちゃんことしもよろしくね

◎ ○○ちゃんだいすきだよ

◎ はやくあいたいよ
 
◎ いつもありがとう

◎ またいえにあそびにきてね

等でいいのです。

字を書くのを嫌がるのなら、年賀状の隅っこでもいいので、
絵を描くのもいいですね。

別のその年の干支や、お正月らしい絵にこだわらず、
自分の好きな絵でもいいのです。

お子さんの書いた絵の横ににママの字で
「○○作」と書いてあげるといいですね(^^)

お子さんに年賀状を書くのは楽しいな~♪と
感じてもらえればそれで十分です。 

ママ友さんも、きっと喜んでくれるはずですよ♪

仲の良いママ友さんに出す年賀状ですので、
あまり神経質になる必要はないのですが、
社会人としての最低限のマナーは守りつつ、
年賀状のやり取りを楽しみましょう。

年賀状の基本的なマナーと言えば、

●極力元旦に届くようにする

・・・やはり新年の挨拶は元旦に届くのが
 理想です。

 1月6日や7日とかに届く年賀状って
 あまり感じが良くないですよね(^^;)

せっかく出すのなら元旦に届くように、
12月25日までにちゃんと投函しましょう。

 
●新年の挨拶に忌み言葉(いみことば)は
 使わないようにする。

・・・忌み言葉とは、おめでたい場では避けるべき
言葉の事です。

よくやってしまいがちなのが、

「去年はお世話になりました」と表現する事です。

「去」という字も忌み言葉になります。

「去」は「離れる」や「別れる」という意味に
なってしまいますので、「旧年」や「昨年」と表現
するようにしましょう。

ちなみに、「倒れる」や「枯れる」や「破れる」や
「病む」等も忌み言葉にあたりますので、注意しましょう。

●家族みんなが見る可能性がある事を考慮する

 ついついママ友さんだけに向けて、気軽にメッセージを
 書いてしまう事があるかもしれませんが、
 年賀状というのはご家庭によっては、旦那さんや
 ご両親が見たりする事もありますので、 
 あまり砕け過ぎた内容は控えるようにしましょう。

ママ友への年賀状の宛名はどうする?

この章では、年賀はがきの表の宛名の部分について
書いていきたいと思います。

宛名の書き方で悩むのが、

●ママ友だけの名前にする

●ママ友と子供との連名にする

●旦那さんの名前も書く

等だと思います。

これは、そのママさんとの【付き合い方】によって
考えると宛名も決まってきます。

例えば子供の通う幼稚園で仲良しになったママさんなら、

○○ ○○様(ママ友)
○○君(子供の友達)

(女の子なら○○ちゃん)

でいいです。

ママ友さんは苗字と下の名前のフルネームで「様」の敬称。
子供さんの名前は苗字を省き、ママ友さんの下の名前の
左横に、その子供さんの下の名前だけを書きます。
そして必ず「敬称」も忘れず書きます。

お子さんの名前の下も「様」でも決して間違いではないですが、
ちょっと堅苦しい感じがしますので、小学校入学までは
○○君や〇〇ちゃんで大丈夫です。

保育園や幼稚園でも、先生方は下の名前で〇〇君や
○○ちゃんと呼ぶことがほとんどです。

ですが、小学校に入学すると今度は男の子も女の子も、
苗字で○○さんと先生から呼ばれるようになります。

ですので、幼稚園時代は○○ちゃんや○○君。
それ以降は○○様にすると良いでしょう。

他のお付き合いのパターンとしましては、
ママ自身が個人的に何か習い事等をしていて、
そこで知り合ったママさんと仲良くなったので、
年賀状を出そうと思っている。
話しによると子供さんもいるようだ。

そんな場合には、大人同士だけの付き合いですので、
ママ友さんだけの名前でいいでしょう。

わざわざお子さんの名前まで宛名に入れる必要は
ありません。

別のパターンとしましては、メインのお付き合いは
ママ友とその子供さんだが、毎年バーベキュー大会を
開催していて、そこには旦那さんもいつも参加されている等、
家族ぐるみでのお付き合いがある場合には、

○○ ○○様(旦那さんの名前)
○○様(ママ友)
○○ちゃん

 
 と連名にするようにすれば、ママ友さんのご主人さんが
 その年賀状を見た時に感じがいいです(^^)

家族ぐるみのお付き合いで、そこのご家庭に子供さんが
たくさんいらっしゃる場合は、家族全員の名前を書くと
さすがに多すぎると感じる場合には、

○○ ○○様(旦那さんの名前)
   ご家族一同様

としてもいいでしょう。  

ご参考にしてみて下さいね(^^)

スポンサードリンク

まとめ

仲の良いママ友さんに、新年の挨拶を気持ちよくする為にも
マナーを守りつつ、年賀状のやり取りを楽しんで頂ければと
思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする