りんごの美味しいものの見分け方ズバリ!長持ち保存方法もご紹介!

秋や冬になるとスーパーには
たくさんのりんごが並びますね♪

どうせ同じ値段を払うなら、
やっぱり美味しい物をゲットしたい
ですよね~。

そんな時に役立つ、
【美味しいリンゴの見分け方】を
ご説明させて頂きますね!

せっかくかった美味しいりんごが
長持ちする保存方法もご紹介致しますので、
どうぞご活用してみて下さい。

スポンサードリンク

りんごの美味しいものの見分け方ズバリ!

では、早速参ります(^^)

◎中ぐらいのサイズを選ぶ!

ついつい、たくさん並んでいる中で出来るだけ
大きなものを選んでませんか?

その方が得なような気がして。。。

(過去の私です・・・(^^;))

美味しいものを選ぼうと思ったら、
中ぐらいのサイズを選ばないといけません。

大きなサイズのものは、大味である可能性が
高いですし、小さいサイズのものは、
甘みが足りていない場合があります。

ですので、「中ぐらい」のサイズを選ぶ
ようにしましょう。

◎ずっしりと重たいものを!

ほほ同じぐらいの大きさのリンゴを比べた場合に、
重たいものの方が、それだけ水分もしっかりと
含んでおり、密が入っている確率も高いです。

しっかりと重さをチェックしましょう。

◎はじいた時の音チェック!

指ではじいた時に、はずんだ軽い音がするものが
新鮮な証です。

鈍い感じの音がするものは、鮮度が落ちています。

※力が入り過ぎて、りんごを傷つけないように
しましょう(^^;)

◎ツルが潤いのあるもの!

ツルの部分(枝についていた部分)がみずみずしいか
確認しましょう。

しなびてしまって、弱々しいものは鮮度が落ちて
きています。

◎香りのチェック!

しっかりと熟したりんごは、爽やかな特有の良い香りです。

発酵したような感じの臭いは、熟し過ぎですので、
食べごろを過ぎてしまっています。

周りにお客さんや店員さんがいない時に
クンクンと匂いをかいでみましょう(^^)

◎赤く染まっているもの(赤い色のりんごの場合)!

まだらな部分があっても甘さに影響はない。

しっかりと色がついているものを選ぼう。

※王林等の青りんごの品種では、黄色が強いほど
よく熟している。
あまりにも黄色過ぎるものは、熟し過ぎている
場合もあるので気を付ける。

◎お尻の部分が黄色くなっているもの!

リンゴを裏返してみて、お尻の部分が緑色っぽい
場合は、まだしっかりと熟していない。

黄色っぽくなっているものは、甘みが強い。

◎皮の表面がぼこぼことした「いぼり」があるもの!

皮の表面がツルツルして滑らかなものが見た目が
良く見えるが、実は表面がデコボコとした
「いぼり」と言われる状態のりんごは、
完熟している証なので、とても甘いです。

◎ツル割れもおすすめ!

ツル割れといって、リンゴの芯の周りの実が、
割れてしまっている物があります。

スーパー等では見た目が非常に悪いので、
売れ残ったりして半額になったりしている
場合もあります。

ですがこの状態になるリンゴは、しっかり熟している
証拠でもあり、割れ目を修復しようとする時に
甘みが増します。

ですので、人にあげたりせず自分や家族で
食べるのなら、普通のりんごよりも
味がいいのでおすすめです。

ですが、普通のりんごよりも日持ちが悪いですので、
そこは注意しましょう。

◎「油上がり」しているのは完熟のサイン!

「油上がり」とは、りんごの皮にワックスが
かかったように、つやつやした物質が付いている
状態の事をいいます。

食べても害はありません。

※「ふじリンゴ」や「王林」等は完熟しても、
あまり油上がりをしない品種です。

詳しくはこちらの記事をご覧になってみて
下さいね↓

りんごのワックスの落とし方は小さな子供も安全な取り方で!

以上、これらのポイントを抑えれれば、
美味しいリンゴをゲットできますので、
スーパーや果物屋さんで是非ご活用してみて
下さいね!

では、次章ではおいしいリンゴの長持ちする
保存方法をご紹介致しますね~♪

スポンサードリンク

りんごの長持ちの保存方法はこれ!

りんごが嫌がる環境というのは、
高温と乾燥と温度変化が激しい場所です。

ですので、それらを避ける状態にしてあげれば、
りんごは長持ちして、美味しい状態を長く
維持する事が出来ます。

夏場は、どこの部屋も高温になりがちですし、
クーラーの効いた部屋でも、りんごにとっては
温度が高くなってしまいます。

ですので、夏場は冷蔵庫の野菜室に入れると
いいでしょう。

冬場であっても、暖房が入っている温かい
部屋では、夏と同じ様な環境になって
しまいますので、冷蔵庫の野菜室に入れるか、
暖房の効いていない寒い場所においておくのが
お勧めです。

そして、乾燥も苦手ですので、野菜室に入れる時には、
新聞紙にリンゴを包み、ビニール袋に入れて、
袋の口はしっかりと閉めるようにしましょう。

ビニール袋の口をちゃんと閉めることにより、
冷蔵庫の中の乾燥から、りんごを守る事が
できます。

りんごの呼吸により出てしまうエチレンガスは、
他の野菜や果物の発酵を早めてしまうので、
ビニール袋の口を閉めることにより、
エチレンガスを密封する効果もあります。

逆に言えば、早く熟してほしい果物があれば、
りんごと一緒にビニール袋に入れれば、
早く熟してくれます(^^)

なぜ新聞紙で包むかと言うと、新聞紙がある
お陰で湿度をうまく調整してくれるからです。

りんごに水滴がついてしまうような場合には
余分な水分を新聞紙が吸ってくれますし、
乾燥し過ぎの場合には乾燥からリンゴを
守ってくれます。

野菜室に入れない場合でも、新聞紙にくるんで
おくようにすると長持ちします。

きちんと保存すれば、1か月ぐらいは日持ち
しますので、すぐに食べない場合には
しっかりと対策をするようにしましょう。

まとめ

りんごは体にとてもいいですし、
スーパー等でも気軽に手に入る果物ですので、
是非とも美味しいリンゴの見分け方をマスター
しましょう!

そして、ゲットした美味しいリンゴは、
きちんと保存してあげて、美味しく頂きましょう♪

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする