私製はがきの年賀状切手はいくら?料金改正後の出し方の注意点!

2017年の6月より、郵便はがきが値上がりして
62円になりましたね。

郵便局が発行している年賀はがき(年賀状)は
据え置き価格のままなので、ありがたいことに
52円なのですが、市販の私製はがきを
使用して年賀の挨拶を送ろうと思っている場合は、
切手はいくらになるのか?

出し方の注意点としてはどんな事があるのか?

切手はどんなデザインの物がいいのか?

今回の料金改正に伴い、そんな疑問を解決して
頂きたいと思います!

スポンサードリンク
  

私製はがきの年賀状は切手はいくらになるの?

結論から申しますと、
私製はがきを利用した年賀状でも、
条件を満たしていれば以前のように
52円で投函できます

しかし条件を満たしていなければ、
普通郵便はがきとして扱われてしまうので、
62円の切手が必要になり、52円切手では
料金不足となり、返却されてしまいますので、
注意が必要です。

私製はがきの場合は、郵便局から発行されている
年賀はがきと違って、料額印面部分が空白に
なっているので、そこに切手を貼らなければ
いけません。

では、次章より年賀状として認められる条件の
出し方」について書いていきたいと思います。

私製はがきの年賀状としての出し方の注意点!

出し方の注意点をまとめてみます。

●年賀状受け付け期間である

 (ちなみに30年度用の年賀状受け付けは

 2017年12月15日~2018年1月7日です。)

●年賀状用の投函口に投函する。

●はがきの表部分の見やすい位置に
 朱記で「年賀」とはっきりと記載する。

 ※切手の下の部分に記載するのがおすすめです。

 朱記で使用するペン等はどんな物でもかまいません。

 色鉛筆でもサインペンでもボールペンでも大丈夫です。
 必ず赤い色で書くようにしましょう。 

これらの点をしっかりと守り、投函すれば
年賀状扱いとなり52円分の切手で配達してもらえます。

もし守られていなかった場合は、普通郵便と見なされて、
62円の配達料がかかってきます。

しかも、投函するタイミングによって、
年内に相手方にはがきが届いてしまいます。

ご自分の住所をきちんと書いていれば、
もし料金不足や、切手の貼り忘れがあった場合でも、
自分に料金不足としてハガキが返却されるだけですが、
自分の住所を記載していない場合は、
相手方に料金請求がされてしましますので、
とても迷惑がかかってしまいますので、
十分ご注意下さい。

スポンサードリンク

年賀状に私製はがきを使う時の切手のおすすめ!

年賀状に使用する切手はどんなデザインであっても、
料金さえ合っていれば、配達はしてもらえます。
(年賀状に弔事用の切手はさすがに使用しないと思いますが)

配達はしてもらえますが、やはり年始の挨拶ですので、
年賀郵便切手」がおすすめです。

年賀郵便切手は、郵便局で手に入ります。
(コンビニでは扱っていないことが多いです)

販売期間は年賀はがきと同じです

ちなみに平成30年度用の年賀郵便切手の販売期間は

平成29年11月1日(水)~平成30年1月5日(金)です。

※年賀はがきと比べると、発行数がかなり少ないので、
購入される場合は出来るだけ早めの方が安心です。

毎年、その年の干支のデザインになっておりますので、
お正月らしいデザインで素敵ですね。

値段は普通の切手と同じ値段です。

もし、より相手方により喜んで頂きたいなぁ~と
思われるのでしたら、

寄附金付お年玉付年賀郵便切手」もいいですね!

しかし、52円の切手を買うのに「55円」支払います。

3円高くなってしまいますが、お年玉付き年賀状のように
番号が記載されていますので、
「もしかしたら何か景品が当たるかもしれない♪」
と相手方も喜んで頂けるでしょう。

ご検討してみて下さいね(^^)

まとめ

今回の料金改正にあたり、今までとは違い、
少し気を付けないといけない点も出てきましたので、
早く慣れていきたいところですね。

年賀状扱いしてもらえる為の注意点を
しっかりと守って、年始の挨拶を
気持ち良くしましょう♪

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする