62円郵便はがきと52円年賀状との差額請求って出来るの?

2017年の6月より、郵便はがき(以前は
官製はがきと呼ばれていたも)が62円に
値上げされましたね。

しかし、年賀状は52円のまま使用出来るので、
もし郵便はがきを年賀はがきとして使用したい
場合は、差額の請求って出来るのか気になりますよね?

そんなあなたの疑問にお役に立てればと思います!

スポンサードリンク
  

62円郵便はがきと年賀状の差額請求は出来るの?

郵便はがきがたくさん余っていて、
それを年賀はがきに交換してもらえたら
一番最高なのですが、年賀状はお年玉景品も
関わってくるので、交換してもらえないんですよね~。

郵便はがきを年賀状として使用出来るのは
ご存じだと思いますが、今回の改正により
郵便はがきを出す場合と、年賀状を出す場合で
料金が違ってしまったので、疑問が出て来てしまいます。

差額の10円分はどうなるのか?

1枚や2枚ぐらいなら、あまり気にならないかも
しれないですが、10枚以上とかになると、
ちょっと損した気分になりますよね(^^;)

結論から申しますと、

差額請求は出来ます

出来ますが、手続きの方法が手間がかかります。

まず、第一の条件として、

郵便はがきを年賀状として使用して、

年賀状受け付け期間の

12月15日~1月7日に投函されたもので、

52円として配達された物が対象となります。

ですので例えば、はがきの表面に見やすく「年賀」と
朱記するのを忘れてしまって、年賀状扱いに
ならなかったものは、アウトです。

それは、普通郵便はがきとして62円で配達されて
しまうからです。

他にも、受付期間以外に投函してしまい、
普通郵便はがきとして62円で配達されてもアウトです。

あくまでも52円の年賀状扱いとして配達された物

に限ります。

では、次章より差額請求する場合の手続き方法を
ご紹介致します。

(ちなみに、こちらから何もアクションを起こさない限り、
多めに支払った料金はそのままです。)

52円年賀状との差額料金の返金のやり方

差額請求するには、年賀はがきを差し出した日から
1年以内に手続きをしないといけません。

それ以降になると、返金してもらえません。

手続きする場所は、配達業務を行っている郵便局にて
やってもらえます。

ですので、街中や商店街になるような、小さな郵便局
では出来ません。

そして、必要な物は

①差出人本人であることが確認できる書類
(運転免許証)

②当該郵便はがき

です。

①はまぁ、いいでしょう。

 運転免許証は大抵の方は持っていますし、
 なければパスポートなり健康保険証などで 
 いいのですから。

問題は②ですよ(^^;)

これを、手に入れるのが非常に難しい。

まぁ、身内や親しい友人なら何とか回収する事が
可能ですが、かなり手間暇と勇気が要りますよね(^^;)

ちなみに、返金は「現金」か「切手」でしてもらえます。

1枚につき差額の10円を返金してもらえます。

手数料は発生しません。(これはまぁ良心的ですね(^^))

ですが、手間暇を惜しまず、強靭なハートの持ち主でないと、
なかなかハードルが高いですね。。。

スポンサードリンク

まとめ

年賀状が据え置き価格の52円のままなのは
嬉しいのですが、普通の郵便はがきとの差額が
発生することで、ちょっと分かりずらい点も
出て来てしまいますね。

出来るだけ損がないように、今回の改正に
慣れていきたいところです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする