52円年賀はがきを郵便はがきとして使ったら得なの!?

2017年6月より、郵便はがき(以前は官製はがき
と呼ばれていました))が値上がりして、
52円から62円になりましたね。

ですが、年賀状は据え置き価格で52円のままと
いうことですが、ここで一つ疑問が。。。

年賀状はがきを郵便はがきとして使ったら
一体どうなるのか!?

そんな悩めるあなたの疑問にお答えしたいと
思います。

スポンサードリンク

52円の年賀はがきを郵便はがきとして使用したら?

まず、結論から申し上げます。

52円の年賀ハガキを、郵便ハガキとして使う事は
可能です。

可能ですが、そのままではダメです。

差額の10円分の切手を貼って使用しないと、
料金不足で返却されてしまいます。

ですので、年賀はがきを懸賞の応募等に
使用したりする時には、注意が必要です。

それともう一つ気を付けなければいけない事が
あります。

それは、52円で投函出来るのは

年賀状受け付け期間である

12月15日~1月7日までに投函されたものです。

裏を返せば、この期間以外で年賀状をポストに
投函してしまうと、普通の郵便ハガキとみなされて、
62円の配達料が発生してしまうので、
料金不足で配達してもらう事が出来ません。

ですので、例えば年賀状を出していなかった方から
遅めに年賀状が届いてしまって、慌てて1月8日以降に
年賀状を投函しても、郵便局の年賀状受け付け期間は
終わっているので、普通郵便はがきとして処理されて
しまうという事です。

そうすると、いくら年賀状ハガキを使って年始の挨拶を
書いたハガキであっても、年賀状としては認められないので、
10円プラスして切手を貼らないと配達してもらえない
のです。

ちなみに、年賀状受け付け期間は1月7日が最終日
ですが、厳密に言うと1月8日の最初のポストの
取り集め時間まではセーフです。

ですので、1月8日であってもポストの側面に
記載されている回収時間をチェックしてみて、
その日の一番最初の回収がまだならば、
ギリギリ間に合います!

大抵の場合は、午前1回と午後に1回が多いです。

いざという時の為に、一応頭に入れておいて頂ければ、
10円切手を貼らないとダメなのか、それとも
貼らずにそのまま配達してもらえるかの判断が出来ます。

全国の主なポストの所在地と、回収時間が分かる
サイトはこちらになります。

もしもの時はご利用してみて下さいね↓

http://postmap.org/map

52円年賀状の余りの交換はどうするのか得なの?

毎年年賀状は多めに買う方がほとんどだと思います。

余った年賀状の使い道としまして主なものは、

①そのまま応募はがき等として使用

②手数料5円を払って、普通の郵便はがきや
切手等に交換

③金券ショップなどに買い取ってもらう

等です。

郵便はがき値上がり前の、郵便ハガキと年賀状が
同じ金額の時はそれで良かったのですが、
現在では

①そのまま応募はがき等に使用する場合は
差額の10円分の切手を貼る

②交換手数料5円プラス、差額の10円と合わせて
15円を支払って、郵便はがきや切手類に交換

となります。

金券ショップでの買取は、店舗や買い取ってもらう
時期により、買い取り価格にかなり幅がありますし、
基本的に①や②と比べると、かなり損してしまう事に
なりますので、あまりお勧めできません。

ですので、出来れば①か②の方法で交換するのが
いいでしょう。

①か②の方法で交換する前に、年賀状のお年玉商品が
当たっているかどうかを一応確認しておきましょう。

ちなみに平成30年は1月14日の日曜日が
抽選日になります。

切手は郵便局や、最近ではコンビニでも扱っている
ところも多いので、手に入れやすいですね。

郵便はがきや、切手類に交換してもらうには、
郵便局の窓口で手続きしてもらいましょう。

スポンサードリンク

まとめ

年賀はがきは値上がりしないので、ありがたいことは
ありがたいのですが、気を付けないといけない点も
いくつかありますので、ご注意下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする