心も体もボロボロ!子育て中の慢性的な寝不足を本当に解消する方法

毎日の子育て、お疲れ様です。

特に赤ちゃんをお持ちのママは、
24時間休まる暇がないと
感じていらっしゃるのではないでしょうか?

大変だとは聞いていたし覚悟はしていたけど、
まさかここまで疲れるなんて…と。

我が子はとってもかわいいけれど、
体はつらい…。

パパも仕事が遅くまでかかってしまって、
なかなか手伝ってもらえない…

という状況の方は多いですよね。

体の疲れの中でも、
ほとんどのママが経験するのが『寝不足』。

赤ちゃんの夜泣き、寝ぐずり、夜中の授乳など、
妊娠中までと違って
まとまって夜眠れることはほぼないはずです。

特に月齢の低い赤ちゃんのママは、
3~4時間ごとに起こされることがほとんどでしょう。

疲れて精神や生活に支障をきたす前に、
少しでもその寝不足や疲れを解消する方法を
ご紹介します。

スポンサードリンク
  

先輩ママさんもやっている!寝不足を解消する方法

子育て中のママが自由になる時間は
限られています。

ポイントは、少しの時間で
なるべく寝不足が解消できるように、
『質の良い睡眠をとる』こと。

短時間でも質の良い睡眠をとるための方法を
ご紹介します。

①昼寝

赤ちゃんのリズムがありますから、
なかなか思うようにはいかないでしょうが、
20分でいいので昼寝をしてみましょう。

昼の3時までにとるのがポイント。

そしてむしろ長すぎないほうが、
良い仮眠になるのです。

1歳以上の幼児をお持ちのママなら、
お昼寝の時間に一緒に寝てもいいですね。

ちなみに私は、わが子が赤ちゃんの時に、
どうしても眠い時は少し上体を起こした姿勢をとり、
わが子をお腹と胸の上にのせて寝ていました。

そうすると赤ちゃんが
一緒に寝てくれることが多かったですよ。

②夜の睡眠時間確保と、睡眠の準備をする

夜、赤ちゃんは何時に寝ますか?

一番おススメなのは、その時にママも一緒に
寝てしまうことです。

9時でも、8時でもいいですし、
毎日でなくてもいいですから、
なるべく夜の睡眠時間を確保するようにしましょう。

片づけ?明日の準備?

そんなものは後回しです!

どうしようもなくつらい状態で
しなければならない家事なんてものは、
一つもありません。

2~3日そうやってさぼったって死ぬわけじゃなし、
自分の睡眠を大切にしてください。

朝早めに起きてすればいいんです。

そして就寝前1時間は、
パソコンやスマホの使用は控えましょう

ディスプレイから出るブルーライトが、
脳を刺激して覚醒状態にしてしまいます。

どうしても使わなければならない場合は、
なるべく短時間にして、
ブルーライトをカットする眼鏡をかけるなどして
対策しましょう。

スポンサードリンク

子育て中の疲れ解消法!隙間時間のリラックスが何より大切

とはいっても、赤ちゃんも個人差。

ほとんど寝てくれない赤ちゃんもいるでしょうね。

ずっと抱っこしておかないと寝てくれない…
なんてことも。

上でも少しご紹介しましたが、20分程度でいいです、
赤ちゃんが起きててもいいです。

眠れないまでもせめてリラックスする時間を
とりましょう。

それだけで体はかなり休まります。

アロマがお好きなら好きな香りを楽しみながら、
ゆっくり体を横たえて休んだり、
アイマスクをして目を温めてもいいですね。

赤ちゃんのぐずる声や物音が
気になってしまうかもしれませんが、
きちんと安全を確認したうえで、
部屋を離れてもいいと思います。

携帯のアラームなどをセットして、
『この時間だけは甘えよう』と
頭をきりかえて休んでください。

まとめ

いかがでしたか?

お子さんも十人十色ですから、
なかなか最初は隙間時間を確保するのが
難しいでしょうね。

けれど、どんな子でもその子なりの
一日のリズムが出来てくるはずです。

どうしても自分で時間が確保できない時は、
行政の育児シッターやヘルパーを依頼したりして、
何とかご自分の体を休めてくださいね

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする