切っても切り離せない子育てとお金の不安…リアルな必要金額と手当て金

ご懐妊、ご出産おめでとうございます!

かわいい赤ちゃんとの生活が
いよいよスタートしますね。

楽しみで待ち遠しい一方、いろいろな不安や心配も
抱えていらっしゃるのではないでしょうか。

子育て自体の心配ももちろんそうでしょうが、
やっぱり気になるのは『お金』のこと。

これから我が子が成長して就職するまでは、
ほぼすべての費用をまかなわなくてはなりません。

きちんと育ててあげたいと思えば思うほど、
いくらかかるんだろう、大丈夫かな…と
悩んでしまっているのではないですか?

きっとだれしも
子育てにかかるお金の心配はするものです。

これから子育てをしてく中で、
お金がどのくらい必要なのか、
大まかでいいので知っておくだけで
心づもりができますので、ご紹介しますね。

スポンサードリンク
  

子育てのために本当に必要なお金を知っておこう

生まれたての赤ちゃんから、
大学卒業までいくらかかるのでしょう?

同じように不安を抱えた方が多いのか、
内閣府による調査も行われています。

結論から先に言うと、
『進学する学校によってかなり変わってくる』
という事が言えます。

まず、生まれたての赤ちゃんから
保育園や幼稚園に通う小さなお子さんをお持ちの方の場合、
保育園幼稚園に通っていない、
いわゆる未就園児には年間約85万円です。

しかし、保育園や幼稚園に通うとなってくると
ぐっと高くなっておよそ120万円となっています。

その後小学校に入学し、中学校を卒業するまで、
生活費や学費、習い事の平均等を含めると、
0歳から中学卒業まで
およそ1750万円の費用が必要となります。

当然偏りはありますが、平均して一年あたり
116万円かかる計算になりますね。

高校入学は、一つの大きな分かれ目です。

というのも、公立か私立かで
かかるお金は大きく変わってくるからです。

塾や予備校に行くことも想定すると、
公立は約40万弱私立は100万弱と、
大きく差が開いています。

公立高校は授業料無償化になっているので、
この影響も大きいでしょう。

ただ、食費や生活用品が
おおよそ50万ほどかかることも
念頭に入れておきましょう。

大学進学も、国公立、私立で変わってきますし、
自宅から通うのか、一人暮らしをするのかでも
大きく左右されます。

また細かいことを言うと、
私立でも文系か理系か、
理系の中でも医歯薬系の学部となると
かなり高額になります。

4年間で、国公立ならおよそ大学の学費は450万円
私立理系なら850万円ほどかかります。

学費だけで言うと、
すべて公立に進学した場合は1000万円
すべて私立に進学した場合は2500万円と、
大きな開きがあります。

これに、場合によっては
仕送りの費用がかかってくるわけです。

一か月に10万仕送りするとして、
4年間で480万、6年間で720万です。

スポンサードリンク

お得な子育て費用や制度と手当について

そんなにかかるの!? どうしよう!?
なんて、思いますよね。

確かに子供を一人前にするには、
経済的負担は大きいです。

ただ、子育てに関する手当もあります。

まずは何と言っても児童手当。

所得制限はあるものの、
0歳から3歳までは15000円
それ以降は中学卒業まで月額10000円が支給されます。

第三子以降は15000円の期間が、
小学校卒業まで延長になります。

・子ども医療費の助成

子どもが医療機関を受診した場合、
その医療費の助成を受けられる制度です。

この助成額や期間は、
お住いの自治体によって異なりますので
確認してみましょう。

ちなみに、私の住む地域では
三つ子以上の多子世帯に対して、
第三子以降に月額数千円を補助したり、
多胎児の場合に一人分の一年間のミルク代を
助成する制度がありました。

その地域独自の取り組みをしていますから、
是非調べてみましょう。

まとめ

人を一人育て上げるというのは、
大変にお金がかかりますね。

けれど、少しずつでも備えをして、
行政の補助やサービスをフルに活用しながら
頑張っていきましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする