厄年の結婚は避けたほうが良い?運命を変える女性の生き方。

厄年は一生の間に女性で4回あり、
男性は3回あると言われます。

一生に4回も不幸なことが起ると思うと
ゾッとしますよね。

厄年のときに結婚の話もでていると、
やっぱり避けるべき?

厄年は一年間ですが、
結婚は一生続くものです。

厄年に結婚をしたことで
運命まで悪く変えてしまったら
イヤですよね。

今回は、気になる厄年について
調べてみました。

スポンサードリンク
  

厄年に忘れてはならないもの!それは「厄払い」

厄年は「前厄」「本厄」「後厄」
があります。

女性で言えば本厄は
「19歳」「33歳」「37歳」「61歳」

男性で言えば本厄は
「25歳」「42歳」「61歳」

前厄と後厄は、
本厄の前後の年齢になります。

特に気をつけないといけないのは
本厄と言われています。

では実際に本厄の年齢になると
どんな恐ろしいことが起きるのでしょうか?

実は、厄年に関して化学的根拠は
何もありません。

ではどうして、
厄年というものがあるのでしょう。

それは厄年と言われる年齢は
人生の節目でもあるのです。

要するに
「身体に気をつけないといけないよ」
と言う警告という事ですね。

女性で言えば、
「19歳」「33歳」「37歳」「61歳」

この年代に、
「体質も変化したりするので気をつけましょう」
と言う意味です。

とは言え厄年になると
厄払いをしないと気持ちがスッキリとしない。

何かケガやイヤなことがあると
「やっぱり厄払いをしないから」
と思い込んでしまいます。

普段、神社に行くことは
初詣程度しかないって人も多いと思います。

厄払いをする為に神社に行き、
気持ちを切り替える、
引き締める意味でもおすすめです。

病は気からじゃありませんが、
気分的にモヤモヤしてしまうのであれば
厄払いはするべき。

厄払いをしないことで
気持ちの切り替えができずに
事故やケガなどを引き起こしてしまう、
という事もあるのです。

厄払いにかかる費用は
3000円~数万円とバラつきはあります。

お寺や神社で厄払いをして頂いたら、
後厄が終わってから神社やお寺に行き、
厄年を乗り越えたことをお礼します。

スポンサードリンク

厄年だからと必要以上にイベントを避けることはない

気になるのは、厄年にお祝いごとの
イベントは避けるべきか?

厄年に自分には何も起こらないけれど、
自分の身内に悪いことが起きる、
とも言われています。

それは自分の厄を周りの人が
吸収してくれるからとも言われています。

もし、自分の厄が
回りの人にふりかかるとすれば
怖くてお祝いごとのイベントなんかに
出るべきではないですよね。

ですが、厄払いをしていれば
厄が他の人にふりかかることもありません。

あまり過度に気にしすぎることは
禁物です。

友達や知人の結婚式やイベントであれば
厄除けをした状態で参加するようにしましょう。

しかし、一般的に厄年のときに
避けるべきこともあります。

それは、
「結婚」「転職」「家を建てる」「引越し」

このような人生で大事なイベントは
出来る限り厄年のときには
避けるべきでしょう。

何か必ず不吉なことが起こる、
とまでは言い切れませんが、
やはり気持ち的にも心配で
自信がない年になるわけです。

もし、時期を避けることができるなら
厄年じゃない時期に行うべきですね。

何事も不安な気持ちが
負のオーラをひきつけてしまう事があります。

それが厄年というわけですね。

厄年に関して一番よくないことは
気にしすぎることです。

不安な気持ちになり過ぎないように
注意しましょう。

まとめ

厄年に御札をもらってくる方法もあります。

もし厄払いをできない状況であれば、
パワーストーンや、神社で御守りを
購入することもおすすめです。

ただし一つ注意点。

あまりにもたくさん、
パワーストーンだの、御守りだの身に付けると
ケンカをしてしまいます。

コレという厄除けグッズを一つに絞って、
購入することも良いと思います。

パワーストーンでは
「オニキス」「翡翠」「ラピスラズリ」「マラカイト」
などおすすめです。

邪気や厄を払ってくれる効果が
期待できると言われています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする