ゆで卵の殻を簡単にむく方法を覚えよう♪やみつき間違いなし!

ゆで卵
卵をゆでるのって、なかなか時間がかかりますよね(;´д`)

時間をかけてゆで上げた卵の殻が、上手くむけない時の

敗北感と言ったらたまりませんよね!?

そんなイライラを今後感じなくていいように、

簡単にむく方法を覚えちゃいましょう♪

スポンサードリンク
  

ゆで卵の殻を簡単にむく方法とは?

卵の形を横からよくよく見てみると、少し先が尖った方となだらかな方が

ありますよね?

まずそれを確認してみてください。

そして、なだらかな方の真ん中辺りを、押しピンや針で穴をあけて下さい。

深く刺すのではなく、カラの部分が貫通するだけでいいです。

卵のその部分には気室という、空気が入っている場所がありますので、

その部分に穴をあける事で、卵をゆでている間に、その部分から空気が

出ていくことで、殻と卵の身がくっつくのを防ぐことが出来ます。

たったこれだけのことで、後の殻むきがとっても楽に気持ちよく

出来るので、おすすめです。

押しピンや針なら、どこのご家庭でもありますから、わざわざ買う必要も

ありませんしね(^^)

卵がゆで上がったら、流水で冷やしながら普通に殻をむいていけば、

つるんと簡単にむけちゃいます♪

殻にたくさんの白身がくっついて、凸凹になったゆで卵を見ずに済みますよ(^O^)

次にご紹介するのは、もしも卵に穴をあけるのを忘れてしまった場合の方法です。

先程の方法を比べると、少しだけ手間がかかるのですが、これも簡単でお勧めです。

少し深めのタッパーなどの容器を用意して頂き、そこにゆで卵たちをいれます。

スポンサードリンク

そして、底から1/3程度の水を入れて、蓋をしっかりと閉めて10秒間ほど横に

ガシャガシャと振ります。

大抵、ゆで卵は何個かまとめて作られることと思われますので、卵同士がいい感じで

ぶつかり合ってくれて、殻に細かいヒビがたくさん入り、そのヒビから空気や水が

入り込んでくれるので、殻がつるんとむきやすいです。

たんさんヒビが入ったのを確認したら、後はいつも通りに流水で流しながらむいて

下さい。タッパー等は、台所にもともとある物なので、準備するのも簡単ですね♪

ゆで卵に使うといい卵とは?

これは単純に古めの卵です(^^)

賞味期限が近づいてきている物や、少し賞味期限を超えてしまった物が最適です。

卵の賞味期限は、「生で食べてもいい」期間ですので、熱をしっかりと加える

ゆで卵の場合は、賞味期限が少し超えた物でも十分に使用できます。

新鮮な卵よりも、古めの卵を使う方が、ゆで卵の場合は白身がプリッとして

食感もいいですし、殻もむきやすいですのでお勧めです。

卵が新鮮なうちは卵かけご飯などで生食を楽しみ、古くなってきたらゆで卵で

消費しましょう♪

まとめ

今回ご初回させて頂いた方法は、ご家庭でも簡単に出来る方法です。、

もしも喫茶店等のモーニングで殻付きのゆで卵が付いていた場合、

少しむいてみて白身が殻につくようでしたら、普通に指でめくっていくのでは

なく、コツコツとぶつけて殻に何か所かヒビを入れた後、手のひらで押さえて、

お皿の上でゴロゴロと転がしてみてください。

そうすると、全体に細かいヒビがきれいに入り、むきやすくなります。

いざという時の為に覚えておいて下さいね。

これでもうあなたは、凸凹ゆで卵とはお別れです(^^)

最後までお読み頂きありがとうございました

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする