保育士試験の実技は本当に難しい?現役保育士が伝授!言語試験の合格の秘訣

保育士の試験は難しい!!
という意見をたくさん耳にします。

保育試験というのは受けてみないと
その実態は分かりにくいものですよね。

受ける前に、科目だけをみて
不安になってしまっている方も
多いのではないですか?

そんな不安を解消するために、
今回はとっても具体的に
内容をしぼってご説明します。

実技の言語についてですよ。

スポンサードリンク
  

保育士試験にはたくさんの内容がある

保育士の試験の内容は知っていますか?

1度で終わる簡単なものではありません。

試験は一時試験と二次試験に
分かれていて、日時も違います。

しかも、一時試験に合格しなければ、
二次試験に進むことはできません。

これだけで、けっこう厳しい雰囲気でしょう?

しかも科目が沢山あるんです。

一次試験は筆記試験です。
10科目もあるんですよ。

内容は、
・社会福祉
・児童福祉
・発達心理学
・精神保健
・小児保健
・小児栄養
・保健原理
・教育原理
・用語原理
・保育実習理論

です。

二次試験は実技試験です。

これは3科目のうち
2科目を自由に選択できます。

内容は一般保育・言語・音楽・絵画製作です。

ただ合格した科目は
3年間有効ですので
次回にテストを受ける時に
合格した科目については免除されます。

ですから、チャレンジするチャンスは
与えてくれるという感じですね。

保育士としての資質が問われる!実技試験の言語の秘訣

実技試験は3つの科目から
2つの得意な科目を選びます。

そのなかで「言語」の試験とは
どんなものなのでしょうか?

試験の内容は、
3分間の中で口演する
というものです。

その3分間で話すのは素話です。

もちろん童話や民話、絵本などを
参考にしてもかまいませんが
自作でも受けがいいです。

また、素話の前に、
何歳児に向けてかを指定されるので、
それに見合ったお話をしなければなりません。

ポイントは4つです。

①年齢に合った話し方を心がける

3.4.5歳のいずれから指定されますので
それに合わせましょう。

②内容を年齢に合わせる

年齢によって集中力も理解力も違います。

同じものでは
対応しきれないかもしれませんので
可能であれば年齢にあわせて3つ用意することを
オススメします。

表現方法も変えたほうがいいでしょうから、
1つの話をこの表現でと覚えこむことも
勉強方法の1つでしょう。

③出来れば自作の話で

絵本がダメというわけではありませんが、
どこにでもあり、誰でも知っているものです。

ですから、保育士資格の試験を受ける人なら
誰でも題材にする可能性があるのです。

有名なものならなおさらです。

そうなると、比べられてしまいますね。

その点自作であれば、
そのようなことはありません。

ただ、自作が難しいと思われるかたは
何かを題材にされていいと思います。

その時は、お話に自分なりに
スパイスを加えるのも1つの手ですよ。

④無理に力まず子どもが集中力を保てるような工夫をする

試験だからと無理に力んで
大きな声を出し過ぎることがよくあります。

でもこれは時に逆効果です。

子どもが集中することのできる話し方を
心がける必要があります。

話に集中できるのは
ずっと大きな声ではないはずです。

登場人物になりきったり、
効果音などは大きく時に小さく等
場面によって抑揚をつけることが
一番大切なのです。

しかし、5歳は
想像力がとても成長していますので
それほど抑揚がなくてもいいでしょう。

そのかわり、表情などを工夫することを
オススメします。

目の前に子どもがいないわけですから、
恥ずかしいと感じることもあるかもしれませんが、
そんな感情は保育士には不要です。

なりきることも大事ですよ。

スポンサードリンク

まとめ

保育士の試験は難しいといいますので、
具体的に知ると勉強しやすいですよね。

素話は恥ずかしいと感じるでしょうが、
保育士になれば子どもに、
いつもしなければならないことです。

恥ずかしいのではなく
楽しいという気持ちを持つことが
乗り切る秘訣かもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする