とうもろこしの茹で方はレンジで簡単!賞味期限は?画像あり。


夏になるとトウモロコシがスーパーにも
たくさん並びますね(^^)

自分で生のとうもろこしを買うのは
何だか面倒という方でも、
季節的に近所の方から頂いたりしませんか?

そんな時には簡単に出来る電子レンジを
使った茹で方が一番です!

これなら面倒くさがりのママさんも
気軽に出来ますよ~♪

スポンサードリンク

とうもろこしの茹で方は電子レンジで超簡単に♪

私は普段、生のトウモロコシを買うことは
まずないんですよね(^^;)

はっきり言って面倒なんですよ。はい。

生のとうもろこしを買うぐらいなら、
缶詰のスイートコーンで良くない?って
感じなので(^^)

そんな「生とうもろこし」と避けて過ごして
いるにもかかわらず、夏になると近所の方や
親戚から、とうもろこしを頂くんですよね~(^^;)

そんな時に、料理嫌いの私がいつもしている方法が
「電子レンジで茹でる」です。

電子レンジでチンしちゃえば、いちいち鍋を
出したりしないでいいし、側で見ておかなくもいいので、
本当に楽ちんです♪

しかも、とっても美味しく出来上がります!

やりかたも至って簡単ですし。

では早速参りま~す☆彡

生のとうもろこしです↓(親戚から大量に頂きました)

外側の緑の皮をベリベリと剥がした後は、
ひげと呼ばれる、糸のような部分も残さず
しっかりとむしり取りましょう↓

その後、トウモロコシは軽く水洗いして、
小さじ半分ぐらいの塩を、濡れた手に乗せます↓

その後、塩をトウモロコシ全体にすり込みます↓

次は、ラップでぴっちりと巻きます↓

耐熱皿に乗せて、レンジで600w5分で温めます。

時間がくれば、レンジから取り出して、
ラップをしたまま粗熱を取ります↓

だいたい15分ぐらい置けばいいでしょう。

この時に、早く粗熱を取ろうと思って、
レンジから出して、すぐにラップを剥がしてしまうと、
とうもろこしに含まれている水分が抜けてしまい、

実にもシワが入ってしまいますし、
食べた時もみずみずしさも半減してしまいます。

ちなみに、レンジの後にラップのまま粗熱を
取ったトウモロコシと、すぐにラップを取って
粗熱を取ったトウモロコシの見た目の差は
こんな感じです。

右がラップをすぐに取った方。
左がラップのまま粗熱を取った方↓

見た目にも違いがありますが、食べた時のみずみずしさも
全然違いますので、ラップをすぐにはがさないように
しましょう!

ほんのり塩がきいていて、甘みもしっかりと引き出せて、
しかも楽ちんです(^^♪

小学生の子供でも出来ちゃいますよ(^^)

茹でたとうもろこしの賞味期限は?

茹でたトウモロコシの賞味期限ですが、
塩を使用した場合でも、冷蔵庫で長くても5日ぐらい
までには食べるようにしましょう。

冷蔵庫の中は案外乾燥しておりますので、
ラップはしっかりと巻いたり、密閉容器等に入れて、
水分が抜けてしまわないようにしましょう。

夏場はどうしても、冷蔵庫の開け閉めも多いですし、
庫内の温度も上がりがちですので、塩茹でしなかった
場合には2~3日以内には消費するようにしましょう。

すぐに食べられない場合には、冷凍保存するのも
お勧めです。

自然解凍すれば簡単に食べられます(^^)

冷凍保存すれば1か月ぐらいは十分に保存できます。

スポンサードリンク

まとめ

子供も大人も大好きなとうもろこし。

夏休みには、子供のおやつにもぴったりですね。

忙しいママさんは、電子レンジで簡単に調理して
しまいましょう(^^♪

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク