子供の習い事おすすめ情報だけはダメ?辞めたいリアル愚痴とは?

お子さんが幼稚園ぐらいの年齢になると
周りのお友達が習い事を始めます。

そうすると、自分の子供も何かやらせた方が
いいのかなぁ~と少し焦ってしまいますよね?

そんなママさんに是非知っておいてもらいたい、
リアルな辞めたい愚痴をご紹介致します。

スポンサードリンク
  

子供の習い事はおすすめ情報だけではダメ!?

子供の習い事の勧誘は、自然に入ってきます。

例えば、新聞広告のチラシであったり、町で見かける
ポスターであったり、CMであったり・・・

最近では色々な習い事があるので、余計に悩んで
しまいますよね(^^;)

この習い事をするとこんなメリットがあります!

この習い事をするとこんな能力が付きます!

等など、習い事も商売ですので、色々な長所をアピール
しているので、おすすめの理由は自然と入ってくるのです。

そして、きっと素敵な習い事なんだ!と思い子供を
実際に行かせて初めて見えてくる、実際のデメリットや
大変さ。

こんなはずじゃ~なかったのに・・・

先に知っておきたかった・・・

とならない為に、私の周りのママさんからのリアルな
習い事に関する愚痴をまとめてみました。

あくまでも、私の周りのママさんから実際に聞いた愚痴
ですので、すべての方には当てはまりませんが、
一つの参考のなるのでは?と思い、ありのままを紹介します。

子供の習い事を辞めたいリアルな愚痴紹介!

今からご紹介するのは、私の周りのママさんの
実際に聞いた習い事に関する愚痴ですので、
習い事の種類に偏りがありますが、その点は
ご了承願います(^^;)

では、早速参ります。

ピアノ・・・ピアノを習う事自体は別に問題ないのですが、
 やはりネックになるのが「ピアノ」を購入する事についてです。

 マンション等では、お隣さんと隣接している為、
 夜のピアノ練習をすると周りに迷惑がかかってしまう。

 そのため、電子ピアノやキーボードを購入すれば、
 音量を調節できるし、場所もあまり取らずに置くこと
 出来る。
 値段も手ごろなので買いやすい。

 そう考えて、キーボードでもオッケーというピアノ教室に
 わざわざ行ったのに、数か月もするとやはりだんだんと
 普通のピアノの購入を勧めてこられる。

 「お子さんの今後の為には~」とか、
 「やっぱり本物のピアノでないと~」等と言われ始める。

 そして、本物のピアノを購入せざるとえない状況になって
 しまい、結局大金をはたき、場所もかなり取り、練習時間も
 気にしながら・・・というパターンになる。

 ピアノを習う自体は子供にとっていいことだとは思うが、
 【ピアノ】という楽器がどうもネックになる。

英会話・・・ペラペラと思い通りにしゃべれなくてもいいから、
 小さい頃から英語に慣れておいてほしいと思い、習わせる
 ママさんが多い。
(が、心の中ではペラペラとしゃべれるようになるのでは!?
 と密かに期待はしている(^^))

 習い始めて間もない頃は、ママさんも気合が入っていて、
 週1回の英語教室以外でも、家で英語のCDを聞かせたり、
 単語を覚えさせたりするが、だんだんとそれが大変になってくる。

 半年も過ぎれば、週に1回45分間だけしか英語に触れてない
 状況になってくる。
 (英語がしゃべれるママさんは別です)

 こんな状況だとあまり意味がないのでは!?
 と思いつつも、今さら辞めたら今までのお金が水の泡!と思い、
 だらだらと行かせがちになるのが英会話教室

 そして中学に入り、最初は英語を習っていない子よりは優位に
 立てるが、だんだんと周りが追い付いてきて、やる気のある子には
 あっという間に抜かれてしまう。

 幼稚園ぐらいからお金をつぎ込んできたのに、ふたを開けてみると、
 大して効果を感じなかった。
 これだったら高学年ぐらいから勉強させても良かったのでは!?
 と思うママさんも多い。

 小さい頃から英会話教室に行き、そして家でも毎日英語の時間を
 作る事が出来れば効果はあるだろう。

 しかし、小学校に入ると学校の宿題をするのでも大変になってくる為に、
 なかなか英語の勉強まで手が回らないのが現状。

サッカー・野球

 ・・・親が色々と世話をしないといけない事が多すぎる。
 習い事の中でも、親のしんどさはトップクラス

 試合があれば送迎もある為、車が運転できないママさんは
 別のママさんに乗せてもらわないといけなくなるため、
 非常に肩身が狭くなる。

 保護者の中で色々な役割分担が決められるので、そう言った
 事が苦手なママさんは非常に苦痛。

 チームプレーの競技なので、どうしても周りの子と自分の子を
 比べてしまう。
 負けず嫌いなママさんの場合は、周りと比べ出来ない子供を
 いつも怒ってしまう。
 そうするとだんだんと子供も楽しくなくなってくる。

 そしていざ辞めようとしても、団体競技の為に色々と口を
 出してくるママさんもいてうっとうしい。

 数ある習い事の中でも、親同士のトラブルもピカイチ。

 子供自身がサッカーが好きで好きで仕方がない!
 
 子供自身が野球が大好きだ!

 なら、親も大切な子供の為に!と何とか頑張れるが、
 体力をつける為に~、
 協調性を身に付ける為に~、
 仲のいい友達が習っているから~、
 男の子だから何か一つでもスポーツが出来た方が~
 ぐらいのノリでは、だんだんと親の方が疲れてくるがオチ。

スイミングスクール・・・水泳自体を習うのは、非常に
 効果を感じるママさんがほとんど。
 小学校の授業だけでは25mを泳げるようになるのは
 なかなか難しいが、小学生の場合はスイミングスクールに
 週に1回 行っていれば、どんなに水泳が苦手な子でも2~3年で
 クロールと平泳ぎぐらいは普通に泳げるようになる。

 デメリットは、水いぼ等の病気がうつりやすい・梅雨時や冬場は
 バスタオルが乾きにくいので洗濯が大変等がある。

 高学年になると女子の場合、体格の良い子は生理が始まる子も
 いるので、思うように通うのが難しくなる場合がある。

  
他に人気のある習い事は、

そろばん・習字(書き方)・ダンス教室等がありますが、
先生自体の個人的な愚痴はありますが、習う事自体の愚痴は
あまり聞きません。

一つの例として、ご参考にしてみて下さい(^^)

スポンサードリンク

まとめ

お子さんに習い事をさせる場合には、始める勇気も要りますが、
辞めさせるものなかなか勇気やパワーがいるものです。

ですので、メリットばかりを見るのではなく、
大変や面や苦労する面も分かった上で選ぶのが大切です。

こんなはずじゃなかった~!!
とならないようにして下さいね(^^;)

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする