年々増えるシミを消す食材は何?効果的な摂取方法や注意したい事とは?

b25c9ff75ba11e02ea035accee8cd1a7_m
鏡を見れば、いつも目につくシミ。

おいおい、最近なんか増えてない!?

化粧品にも気を付けているし、日傘や帽子もかぶるように

注意してるのに、なぜ・・・(T_T)

そんなあなたに必要なのは、体の中からもシミ対策する事です!

シミを消してくれる食材、予防してくれる食材をご紹介します♪

スポンサードリンク
  

シミを消してくれる食材ってないの?

外側からするシミ予防は、みなさんご存じでしっかりと

紫外線対策をされていることと思います。

しかし、外側からの対策だけでは限界があります。

完全に紫外線をカットする事は不可能ですし、最低限の紫外線を

浴びる事も、人間が健康に生きていくには必要な事です。

これからは、体の中からもしっかりとシミ対策する為に、

できてしまったシミを消すの、促してくれる食材をご紹介

していきたいと思います。

普段の食事で、意識して多めに撮るようにしていきましょう。

◎ビタミンA(βーカロテン)

 ・皮膚の新陳代謝を促して、肌の生まれ変わりをスムーズにする

 ・肌の潤いを保ち、乾燥から守ってくれる

 ・紫外線などで発生した活性酸素はシミやソバカスの原因になる。
  その活性酸素を抑えてくれる
 
 人参・モロヘイヤ・ほうれん草・小松菜・など

スポンサードリンク

 ※油と一緒に摂取すると吸収率が上がりますので、野菜炒めにしたり、

 ドレッシングやマヨネーズと一緒に食べましょう。

◎ビタミンC

 ・お肌にハリを与えてくれる

 ・メラニンを目立ちにくくしてくれる
 
 ピーマン・ブロッコリー・柿・キウイ・イチゴ
 ミカンやレモンなどの柑橘類 など
 
※食後に撮ると吸収率が上がりますので、果物はデザートとして

 食後に食べましょう。
 
※一度にたくさん食べるのではなく、小分けに食べる方が吸収率アップ

◎ビタミンE

 ・活性酸素を除去すり働きがあります。

 ・血行を良くして、皮膚の新陳代謝も良くしてくれるので、
  できてしまった、メラニン色素を押し出してくれる。
 
 アーモンド・落花生・うなぎ・たらこ・ひまわり油

※ビタミンCと一緒に摂ることで、活性酸素を押さえる力が高まる

シミを消す食材で注意したい物とは?

前章でご初回したビタミンCの含有率が高い柑橘類は

食べるタイミングが大切です。

ソラレンという成分が含まれており、ソラレンは紫外線の

吸収を高めます。

摂取後2時間ほどで作用がピークになり、その後7時間ほどは

影響を受けますので、お出かけする日には、朝に食べるのでは

なく、夕食に食べるようにすれば、ソラレンの影響を受けずに

済みますので、おすすめです。

まとめ

外側からの紫外線対策をしっかりと気を付けて、

体の中からもシミやしわの対策をしていきましょう。

今回、ご紹介させて頂いた食材は簡単にスーパー等でも

手に入る物なので、紫外線が気になる季節には特に気を付けて

積極的に食べるようにして頂きたいと思います。

シミやしわのない綺麗なお肌を目指して、頑張りましょう(*´▽`*)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする