じゃがいもが緑っぽくても食べられる?中毒になったりしない?


スーパー等で買って来たじゃかいもを
いざ料理しようと思い、よくよく見てみると
何だか緑色をしている・・・

これって食べても大丈夫なの!?

中毒になったりしないの!?

そんな疑問を解消して頂きたいと思います。

スポンサードリンク
  

じゃがいもが緑っぽくても食べられる?

じゃがいもの芽は毒素を含んでいるから、
しっかりと取り除きましょう!というのは
よく聞きますよね?

ですので、芽が出ないうちに早めに食べる
ように気を付けますし、芽が出てしまった物は
芽の部分をしっかりと取り除く方が多いことと
思います。

ところが、スーパー等で買って来たジャガイモの皮が
いつものじゃがいもよりも緑っぽい事があります。

芽は出ていないので、食べてもよさそうですが、
何だか気持ちが悪い・・・

そうです。その感覚は決して間違っていません!

じゃがいもと言えば、「芽の毒素」の方が有名
なので、皮が緑化した物はあまり話題にならなかったり
するので、知らない方も多いのではないでしょうか?

実は、芽の毒素と同様に、皮が緑色になっている物にも
十分気を付けなければいけません。

芽の毒素と同じように「ソラニン」や「チャコニン」等の
天然毒素が含まれているのです。

ジャガイモの皮に光が当たりますと、皮が緑化して
しまいます。

ですので、収穫前に日光等の光を浴びてしまい
緑化してしまったか、スーパー等の照明等で長時間
光を浴びてしまった等が考えられます。

どちらにせよ、皮が緑っぽい状態の物は、
食べないようにするのが一番なのですが、
もし食べたい場合には、しっかりと皮を厚めに
むいて、身の部分が緑っぽくなっていないのを
確認して食べるようにしましょう。

多めに皮をむいても、中の方まで緑っぽいものは
無理をせずに処分するのが賢明です。

無理して食べても、おそらく「えぐみ」や「苦み」を
感じますので、美味しくはないでしょう。

ソラニンやチャコニンは、熱を加えても分解
されませんので、加熱したら食べても大丈夫な
訳ではないのです。

水にさらせば、多少は溶けだしてくれますが、
それでも完全には取り除く事は出来ません。

実際、小学校の調理実習で緑化したじゃがいもを食べて
しまい、食中毒が発生してしまった事例もあります。

特に、子供さんの場合は体が小さいですので、
同じ分量を食べても、体への影響は大きいので
注意が必要です。

未熟な小さいジャガイモも、毒素が含まれている
可能性があります。

自家菜園等では、皮が緑化していなくても、
非常に小さい3cmぐらいまでのじゃがいもが
取れたりします。

そんな場合も、もったいないからと言って
食べてしまうと、食中毒の危険がある場合が
ありますので食べるのは控えましょう。

スーパー等で商品として販売している小ぶりな
じゃがいもは、小ぶりと言っても5、6cmぐらいは
あると思われますのでまず大丈夫でしょう。

じゃがいもの緑色のものは食べると中毒!?

では、緑化した物を気付かずに食べてしまった
場合はどうなるのでしょうか?

少量であれば、食中毒としての症状が出ない場合も
あります。

個人個人により、解毒処理する能力も違いますし、
体格等によっても違いが出てくるでしょう。

ですが、食中毒を起こしてしまう分量を摂取して
しまった場合には、早い場合ですと数分後から、
遅い場合ですと数日後に症状が現れます。

じゃがいもを食べた時に、えぐみや苦みや、舌の
しびれを感じたらそれ以上は、食べるのは
控えるようにしましょう。

主な食中毒の症状は、吐き気嘔吐腹痛下痢頭痛
めまい等です。

重症になると、場合によっては死亡する恐れも
ありますので、症状が現れた場合には速やかに
医療機関を受診するようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

ついつい、食べ物を粗末にするのは良くない事だと
思ってしまい、緑っぽいものでも無理して食べたり
してしまう事があるかもしれません。

ですが、最悪の場合では、死亡する原因にもなりかね
ませんので、芽が出ている物や、緑化したじゃがいもの
取扱いには十分に気を付けて頂きたいと思います。

そして、じゃがいもを買った際には、芽が出る前に
早めに食べるようにして、光に当たって緑化しないように、
暗くて涼しい場所に保管するようにしましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする