PTAをやってみて感じた事、良かった事、大変だった事をありのままに!

31b6bec29777b00a83f09c9f71100d22_m
「PTA」。

書いてみれば、たった3文字の言葉ですが、

子を持つ母親として、この3文字の存在って

大きいんですよねぇ~~~。

やり終わったからこそ分かる感想を素直に

書いてみたいと思います。

スポンサードリンク
  

PTAをやってみた感想

まず、私の場合の紹介をさせて頂きます。

地域により全然違うとは思いますが、ご参考に

して頂ければです。

私は幼稚園のPTA1回と小学校のPTA本部(会計)を1回やりました。

もちろん、やりたくてやったのではないです。

「ただのくじ引き」です。はい。

私の子供たちが行っている幼稚園や小学校は、立候補がいなければ、

「くじ引き」でPTAを決めるのです。

こうして、毎年ただのくじ引きで、「会長」や「副会長」が

決まるのです。恐ろしい話です。

子供たちはまだ小学校に在学しているのですが、もう私は本部役員を

したので、当たることはありません。

やり終えて、率直に感じますのは、PTAって大変だわ~です。

私みたいな面倒くさがりな人間にとってはですけど(;´д`)

しかも私は超あがり症なので、PTAになると何かと人前でしゃべる

機会がものすごく多いので、それがとてもとても大変でした。

PTAをやって良かった事

前章でも書きましたが、あがり症の私は人前でしゃべる機会が

多い事が、一番精神的につらく感じました。

自分がしゃべる順番が近づいて来ると、胸のドキドキが半端なく、

その場を逃げ出したい衝動にかられます。

周りのお母さんたちは、気楽に自己紹介したり、大勢の前でも

スポンサードリンク

落ち着いて発言しているのに、なんで私だけ(T_T)と自己嫌悪になりました。

ですので、このままでは心身ともにヤバイと思いましたので、

これを機会にあがり症を治そう!と決意いたしまして、

色々とネットで調べたり、本を読んだりして大分改善しました。

嫌でもしゃべる機会が定期的にやってくるので、徐々に徐々にあがり症が

マシになってくるのが感じられました。

もちろん、完璧にではありませんが、おそらく人並みぐらいの緊張度合

になれたと思います。

これは私にとってPTAをやったからこそ、本気で実践出来たと思います。

PTAをやらなければ、おそらく人前でしゃべる場面を避け続けたでしょうから。

後は、今までのPTAをやってくれていたお母さんがこんなにも苦労して、

陰ながら頑張ってくれてたんだなぁ~と改めて感謝しました。

他には、同じ年度にPTAになった他の学年のお母さんたちとも知り合いに

なりますので、自然と人脈が広がります。

最後のメリットは、大変な役をやればやるほど、終わった時の開放感は

たまりません(^o^)

「頑張ったよ自分!!!」と思えますよ(^^♪

PTAをやって大変だった事

家に持ち帰ってする仕事も多いので、どうしても家事を手抜き

しないといけなくなります(言い訳(;´д`))

PTAをしていた年度は、食卓に惣菜を並べる率が上がりましたね~

という事は、食費もどうしてもかかってしまいました。

後は、PTAが忙しい時は余裕がなくなり、イライラしたり、

子供にあまりかまってあげられなくなりました。

今思えば、子供もよく耐えてくれたなぁ~と申し訳なく思います(T_T)

他には、数年分の引継ぎ資料をご丁寧に渡してくれるので(;´д`)、

狭い我が家では、結構場所を取りました。

まとめ

世のお母さんにとっては、PTAの選出というのは、

毎年ハラハラドキドキの行事ですね。

しかも、旦那さんに愚痴っても、あまり分かってもらえないのがつらいところ・・・

今年PTAになられた方も、何とか1年頑張ってみて下さい。

やって良かったと思える事が必ずあると思いますので、どうぞ前向きに

活動してみて下さいね(^^)

最後までお読み頂きありがとうございました☆

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする