服に名前を書きたくない!保育園の服はどこに書くとベスト?


保育園や幼稚園では、全ての物に名前付けをしないと

いけません。

でも、洋服は下の子へお下がりしたり、綺麗な物は

リサイクルやオークションに出したりしたいですよね?

そんな場合の名前付けの方法と、服の名前はどこに記名する

のがベストかもご紹介させて頂きます♪

スポンサードリンク

服に名前を直接書きたくない時は?

服に直接マジックで名前を書かないにしても、とても面倒くさ

かったり、難しかったり、多少汚れてしまうのは仕方がない!

だったら意味がありません。

特にリサイクルやオークションに出したい場合には、少しでも

綺麗な状態の方がいいですもんね(^^)

名前もしっかりと分かりやすく記名できて、そして不要になれば

名前を簡単に綺麗に取り除ける方法をご紹介させて頂きます。

では、材料です。

用意する物は至って簡単です。

ネームテープです。以上(^^)

他には、アイロンや油性のペンがあれば大丈夫です。

ネームテープはアイロンで貼り付ける物をご用意下さい。

普通に洋服に貼ったのでは、剥がす時大変ですし、糊が残ってしまう事が多いです。

ですので、貼り方を工夫します。

ネームテープも色々な会社から販売されておりますが、私はいつも

100均で買っております。

近所の100均のセリアでも色々な種類が販売されていました↓

色やサイズも色々ありますし、柄の入っている可愛い物もあります。

このネームテープ(なまえテープとも言う?)を、服に直接貼るのではなく、

服のタグを利用して、そのタグにリング状に取り付けます。

洋服と言えば、タグのついている場所は大抵2か所です。

「首の後ろ」「左脇」です。

首の後ろのタグと言えば、長方形のタグだけの物と、長方形のタグの下に

サイズ表示の小さなタグが付いている場合があります。

こんな感じのタグです↓

では、このタグにネームテープを取り付けていきます。

タグに画像のようにネームテープをタグに通します↓

書く名前の長さや好みによって、ネームテープの長さを調節して下さい。

もし、小さなタグにひっかかるようなら、幅もカットして下さい↓

ここで、名前を先に書いてもいいですし、アイロンの後で書いてもいいです。

では、アイロンをかけていきます♪

小さなタグは邪魔なのでよけておきましょう。

ネームテープはぴったりと重ねておきます↓

あて布を上において、アイロンを指定の時間押さえつけます。

だいたい中温で15秒~20秒です。(お買いになった商品の説明書をご覧下さい)↓

タグにギリギリのところでアイロンをかけてしまうと、タグのところの

ネームテープにも熱が伝わって、糊が溶けてしまうので5mmぐらい離して

アイロンをかけましょう。

これで、出来上がりです☆

では、名前を早速名前を油性のペンで書いてみましょう↓

げっっ!!このネームテープは字がにじむタイプだったもよう(T_T)

このような失敗をしないように、先に試し書きをしておくか、にじむタイプの

生地だった場合は、一工夫をしておきましょう。

一工夫と言っても、とっても簡単です(^^)

ネームテープを霧吹きで濡らした後に、軽く水気を取って、後は普通に書けば

いいだけです。

それだけで、字のにじみを防ぐことが出来ます!

詳しい内容は、こちらの記事にも書いてありますので、良かったらご覧

下さいね♪

タグに名前を書くとにじむ!にじまない方法での実際の画像!

基本的なやり方はこんな感じですが、名前を横書きにしてもいいですし、アイロンで

接着する部分を上側にしてもいいですし、好みに合わせてやってみて下さいね↓

お名前スタンプを使って、ネームテープに記名してもいいですね。

お名前スタンプは、スタンプが乾いた後にアイロンをかけると、より落ちにくく

なるので、接着部分にちょうど名前を押しておくと、接着と色落ち防止と両方同時に

出来るので、一石二鳥です。

赤丸の字はちょうど接着部分なので、アイロンをかけた字です。

黒丸の字は、タグの上の部分になるので、アイロンはかけれません。

画像は数回洗濯した状態の字です。

やはり、アイロンをかけた方の字ははっきりと濃いですが、アイロンをしていない

字は、薄くなっています。(十分読めますがね(^^))

わが家の子供たちは、首のタグは全然気にならないタイプなのですが、お子さんに

よっては、嫌がる場合があるかもしれません。

その場合は、ネームテープの角をハサミで丸めてあげてもいいですし、それでも

嫌がるようでしたら、左脇の洗濯表示のタグに付けてあげるといいでしょう↓

ズボンやスカートの場合は、タグの位置は大抵の場合、左のサイドに洗濯表示として

ありますので、そちらにネームテープを同様のやり方で、付ければよいでしょう。

そして、名前が不要になった時は、ハサミでネームテープを切ればいいだけなので、

とっても簡単です↓

洋服も全く汚れません(^^♪

普通、ネームテープは布に貼り付ける物なのですが、今回はネームテープ同士

くっつけていますので、より強力にくっつきます

剥がそうと思っても、かなりの強さでくっついています。

ですが、付け方を工夫しているので、不要になればハサミでカットするだけなので、

とっても簡単です♪

保育園では服の名前はどこに書くのがいい?

保育園や幼稚園では、わんぱくな子供たちはお着換えする事もしょっちゅうです。

しかも、取り組んでいる内容によって、洋服が汚れるタイミングも同じだったり

しますので、あちらこちらで同時に着替えが始まったりします(^^)

そうなると、服がお友達とごちゃ混ぜになったりしますので、やはり目立つ位置に

名前を書くのが大切です。

目立つ位置に書く事により、自分のお子さん自身も分かりやすいですし、お友達も分かりやすい

ので、間違えられにくくなります。

かと言って、服の表面にデカデカと名前を書く訳にはいきませんので、やはりトップス

なら、首の後ろのタグの場所が一番目立っていいでしょう。

左脇のタグは、服が裏返しになっている時は見やすいですが、裏返しになっていないと、

パッと見では分からないですよね。

ですが、首の後ろのタグなら、服が裏返しであろうがなかろうが、どっちの場合でも

見えます。

先生なら誰の服が分からない場合は、首のタグか左脇のタグ両方をチェックしてくれる

と思いますが、子供たちの場合はいちいち中にある脇のタグを見ません。

ですので、首のタグと脇のタグ両方に記名しておくのがベストですが、一か所だけ

にする場合は、やはり首のタグの所が目立ってよいでしょう。

では、ズボンやスカート等のボトムの場合はどうすれば良いでしょうか?

ズボンやスカートもしっかりと目立つ場所に記名しようと思えば、腰の後ろのウエスト

部分がお勧めです。

そこに、ちょうどタグがあればいいのですが、普通はありません(^^;)

では、タグを手作りしてしまいましょう!

そんな場合におすすめなのが、コットンテープです!↓

これも、100均で売ってます(^^)

これは糊などは付いておらず、好きな長さにカットして、小物作りの飾りに利用したり、

ヒモとして使用したりと、色々工夫して使う事が出来ます。

では、これを使ってズボンの目立つ場所に名前書きのスペースを作ってみたいと

思います。

もちろん、後で綺麗にはずせるように付けますよ(^^)

やり方は至って簡単。

コットンテープをカットして、そのまま縫い付けてしまうと、端がどんどんほどけて

いってしまいます。

ですので、両端を3mm程内側に織り込んで、そのままズボンのウエスト部分に

糸でかがっていきます↓

出来るだけ糸が目立たないようにした方が見た目が綺麗です。

そして、気を付けないといけないのが、2点あります。

まずは、「コットンテープの長さと付け方」です。

これはどういう事かと申しますと、ウエスト部分は履く時に伸ばしながら

履きますが、コットンテープを両側で固定する為、その部分の生地は伸ばせなくなり

ますので、その距離が長いと、履く時にそれだけ影響します。

ですので、必要最低限の長さにしましょう。

そして、コットンテープをピーンと張った状態で両端を縫い付けるのではなく、

すこ~しだけ余裕を持たせて(ちょこっと指先が入るぐらい)縫うと、ウエスト

部分を伸ばしても影響が少ないです。

あまりゆるゆるで付けると見た目も悪いですし、名前も見にくいです。

次に気を付ける点は、縫い付ける時に、ズボンやスカートの中の「ゴムまで一緒に縫い付けない」

という事です。

表面の生地だけをひろって縫うようにしましょう。

ゴムも一緒に縫い付けると、ゴムを変えたりする時に不便ですので(^^;)

ウエスト部分だと、履く時にもパッと目に入りやすいですね!↓

特にズボンは他のお友達とも同じ感じのデザインになりやすいので、目立つ場所に

記名があると、間違われずに済みます↓

名前が不要になったら、丁寧に糸を外しましょう↓

保育園や幼稚園に通うお子さんの場合は、大抵ウエスト部分はゴムになっている物が

多いでしょうから、縫い付けた物を外しても、ほとんど目立たないはずです♪

針と糸を使うので少し手間はかかりますが、コットンテープをうまく利用すれば

簡単ですので、やってみて下さいね。

服の名前付けでアウターの時は?

冬に着るジャンバーやコート等は、着る季節も限定されていますし、お値段も他の

アイテムと比べるとやっぱり高いですよね?

ですので、確実に下の子のお下がりにまわしたいですし、ブランド物だったらリサイクや

オークションでも高値で買い取ってくれるかもしれません。

そんな場合にお勧めの名前付けの方法は、ネームリボンを使う方法です。

これも、100均で売っている物で十分です(^^)

一袋で4個ぐらいは入ってます↓

アウターは毎日洗う物でもないですし、ワンシーズン2~3着を着まわしている方が

ほとんどだと思うので、一袋買っておけば大丈夫です。

付け外しも簡単ですしね。

簡単ですが、肌に直接触れる事になる洋服には不向きだと思いますので、アウターに

利用するのがピッタリです!

アウターになら、ネームリボンが邪魔に感じる事なく着用できます。

サイズもデザインも色々ありますので、お好みの物をお選び下さい。

首のタグに付けるもよし↓

左脇のタグに付けるもよし↓

名前を書く時には、ご紹介させて頂いた、にじまな方法でご記入下さいね(^^)

スポンサードリンク

まとめ

入園準備や入学準備の名前付けは、ほんとに大変です。

お金も色々とかかってしまう時期でもありますので、名前付けは100均を

うまく利用してみて下さいね♪

今回は、服に名前を直接書きたくない場合の方法をご紹介させて頂きましたが、

靴に名前を書きたくない場合の方法も良かったらご覧になってみて下さいね↓

靴に名前を書きたくない時の簡単な方法!お下がりも大丈夫!

靴はすぐにサイズアップしないといけなくなったり、子供があまり気に入らずに、

履く機会が少なかったりする場合もありますので、直接書くのは出来れば避けたい

ですよね(^^;)

最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする