椅子足カバーがすぐ外れる時は100均のアレで解消♪


椅子の脚に付けた脚カバーって、使っているうちにすぐ脱げる!

「脱げにくい」って書いてあったのに~~~(T_T)

っとお怒りのあなたに、100均のあるアイテムを使って簡単に

外れにくくする方法のご紹介です♪

やり方の画像も載せてますので、是非ご覧下さい!

スポンサードリンク

椅子足カバーがすぐに外れる!

椅子足カバーは、フローリングの傷防止になったり、イスを出し入れ

する時の音を軽減してくれたりと、とっても便利なのですが、

使っているうちにだんだんと脱げていくんですよね~(^^;)

足カバーと言っても、色々な種類があるのですが、今回は靴下タイプ

足カバーについて書かせて頂きますね。

(シリコン等で出来ているカバーキャップについての記事ではないので、

ご了承願います。)

靴下の様な感じでイスの脚にかぶせるタイプの物でも、値段はピンキリです。

100均で販売されているような1脚分(4個入り)108円の物。

ホームセンター等で販売されており、そこそこのお値段で「脱げにくい!」

を謳い文句にしている物。

等があります。

↓ちなみにこちらの茶色の方が脱げにくい加工の物、ピンクの方が100均です。

触ってみると、茶色の脚カバーの裏側はすこし引っかかる感じが

あります。

私はまずは手軽に100均の物を買ったのですが、数日もすればすぐに

外れそうになり、しょっちゅうはめ直すはめになります。

だんだんとそれがうっとおしくなります。

そして、結構高いですが、4脚分で1000円程する外れにくい椅子靴下を

奮発して買いました。

もちろん、適応サイズの物を選んで購入しました。

気合を入れて買った割には、しばらく使用していると、やっぱり外れるん

ですよね~~~(T_T)

100均で売ってある、滑り止め加工がされていない物よりはマシですが・・・

マシじゃダメなんです!

絶対に外れちゃダメとはいいません。

たまぁ~に直すぐらいにしたいのです(^^;)

ですよね?

そんな時に、色々試してみて一番簡単で、お金のかからない方法を

発見出来ましたので、ご紹介させて頂きたいと思います(^^♪

スポンサードリンク

足カバーが外れる時は100均のアレを使う!

「アレ」というのは、「すべり止め」シートです。

すでにご家庭にある方も多いかもしれませんね(^^)

私は近所のセリアで買いました↓

では、使い方です。

まず、イメージしやすいように、出来上がりの画像を載せておきます↓

足カバーの縦の長さよりも1cm~2cmほど短めの長さで、ある程度

カットします。

あまりギリギリの長さにすると、少し足カバーがずれただけで滑り止め

シートが見えてしまうので、少し短めにしておきましょう。

その後、イスの脚にぐるっと1周ちょい(2cm程は長くしましょう。)

巻けるぐらいの長さにカットします。

そして、テープ(普通の工作用のテープで大丈夫です)で、上下2か所

留めておきます。

留める時に、滑り止めシートを少しひっぱるような感じで、イスの脚に

ぴったりフィットさせるように留めましょう

テープも少し長めにしておいた方かしっかりと留まります。

その後は、滑り止めにシートがずれないないように、足カバーを広げながら

椅子の脚にそっとはめて下さい。

滑り止め加工がしてある物でもない物でも、今までと比べると全然

脱げにくくなります。

ですが、滑り止め加工がしている物の方がより脱げにくいです。

わざと椅子を床に強く押し付けながら、何度も椅子を出し入れいてもほとんど

ずれません。

滑り止めシートを挟んだ足カバーと、挟んでいない足カバーを手で引っ張ると

差がよく分かると思います。

(※足カバーをかなり使用していて、カバー自体が伸びて大きくなって

しまっている場合は、滑り止めシートを2枚重ねとかにしてみるのも

いいかもしれません。しかし、あまりにも伸びている物は買い替えましょう。)

まとめ

スベリ止めシートは、どこの100均でもほぼ手に入ると思いますし、

私が購入したスベリ止めシートは、幅30cm×長さ150cmもありますので、

椅子の脚全部に使っても、まだまだ余ります。

余ったとしても、マット類のスベリ止めに使ったり、開けにくい蓋の開け閉めに

使ったりと、あるととても便利です。

是非、お試し頂けたらと思います♪

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする