潮干狩りのアサリの持ち帰り方のおすすめは?

ed8d9523fcbff434adcec845dd20cfcf_m
潮干狩りの季節になりましたね(^^♪

たくさんとれたアサリをどうやって持って帰えるのが

一番いい方法なのだろう?

そんなお悩みにお役に立ちたいと思います(^v^)

スポンサードリンク
  

潮干狩りのアサリの持ち帰り方でまずする事とは?

たくさん夢中で取ったアサリですが、中には貝殻が割れているものも

あると思います。それをチェックする為にも、潮干狩り場の流し場で

アサリを洗いましょう。

何個か手に持ち、アサリ同士をゴリゴリして洗うと、中には軽い

音がするものがあるかもしれません。

もしあれば、アサリの身が入ってない砂だけの場合がありますので、

出来るだけいらない物は捨てて帰りましょう。

いらない砂も落とせますし、真水を嫌がるアサリが口をしっかりと

閉めますので、外気の影響を受けにくくなり鮮度が守られます。

真水はしっかりと切りましょう。

潮干狩りのアサリの持ち帰り方のおすすめ

持ち帰り方にも色々とあります。

スポンサードリンク

アサリを海水に浸して、帰り道の間に砂抜きをする方法や、

アサリと海水は別々に持ち帰って家で砂抜きする方法や、

アサリだけ持って帰り、家で塩水を作って砂抜きする方法などが

ありますが、私がいつもしているのはアサリと海水を別々に

持って帰る方法です。

アサリは暗い静かな環境で活発に動きますので、車の振動や

電車の振動があれば貝同士がぶつかり合いますので、その度に

ビックリして貝殻を閉めますので、砂抜きがしっかり出来ません。

ですので、私の場合は2リットルのペットボトルにきれいな海水を

入れて帰ります。蓋のキャップもしっかりしめれますので、

車の中等で倒れても安心です。

持ち帰る時の環境によるのですが、潮干狩りの季節はそこそこの

暑さはあるはずです。

ですので、クーラーボックスや発泡スチロールのケースや保冷バックなどに

アサリを入れて、上に新聞紙を置いて、またその上に保冷材をのせます。

アサリの上に直接保冷材をのせますと、冷た過ぎて弱ってしまい

後ほどする砂抜きもやりにくくなりますので、ご注意下さい。

家に帰ってからは、お風呂場で暗く静かな環境にして砂抜きをします。

アサリのもともと住んでいた海水が一番砂を吐きだしますので、

手作りの塩水より海水を持って帰るようにしています。

まとめ

自分で取った大切なアサリを、少しでもいい状態で持ち帰り、

美味しいアサリを堪能して下さいね(^u^)

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする