潮干狩りのアサリの砂抜き方法は?すぐに食べない時の保存方法は?

66cbb3390fac5846385dddeecaf40aa0_m
潮干狩りの季節がやってきましたね(^^♪

今年初めて、潮干狩りをした方は、家に帰ってからの

処理で分からない事も多いことでしょう。

砂抜きの方法と、その後の保存方法をお伝えします。

スポンサードリンク
  

潮干狩りのアサリの砂抜き

海から取ったアサリは、たくさんの砂を含んでいますので、

必ず砂抜きをしましょう。

◎水の準備

アサリがいた海の水をペットボトルに入れて持ち帰ります。

出来るだけ、きれそうな海水を入れましょう。

海の水の方がよく砂を吐いてくれますが、ない場合は水道水に塩を入れて

塩水を作ります。

3%ぐらいの濃度にしたいので、1リットルに大さじ2杯です。

◎容器の準備

出来るだけアサリが重ならないように、広いサイズのざるを用意しましょう。

平らなざるで、ざるとバットがセットになった物がいいです。

丸底のボールは下の方の貝がまた砂を吸い込んでしまうので、平らな広い物が

最適です。

◎容器にかぶせる新聞紙

アサリは周りが明るいと、活発に動きませんので、新聞紙などをかぶせます。

周りに塩水が飛び散りますので、それも防げます。

スポンサードリンク

潮干狩りのアサリの砂抜き方法

①ざるつきのバットにアサリを入れます。

お風呂場や流し場の流水でジャラジャラとアサリを洗います。

貝殻についた砂がたくさん取れます。

バットに付いた砂をきれいに洗います。

②バットにアサリを入れたざるをセットします。

海水(or手作りの塩水)をアサリがギリギリ隠れるぐらいの分量で入れます。

新聞紙をかぶせます。少し隙間を開けてアサリが呼吸出来るようにしておきます。

3時間ほどそのまま静かに置いておきましょう。

アサリが警戒して貝殻を閉じないように、暗いところで静かに置いておきましょう。

③ざるを引き上げると、バットの底にたくさんの砂がたまってますので、

バットの砂を洗いながして空にします。

その後、「塩抜き」をします。

貝の体内に塩がたくさん含まれてますので、塩出しをします。

塩出しをしないと、塩辛くて食べれませので注意しましょう。

引き上げたアサリの入ったざるを、バットにセットして、

新聞紙を軽くかぶせておきます。

1時間ほどそのままおきましょう。

④ざるをバットがら引き上げ、流水でジャラジャラとアサリを混ぜて、

表面についている砂やヌメリを洗い流しましょう。

これで完了です。

潮干狩りのアサリの砂抜き後の保存方法

すぐに食べない場合は冷蔵庫に保存します。

湿らせた新聞紙にくるんで、ビニール袋に入れておきましょう。

新聞紙が乾く場合は時々濡らしてやりましょう。

2、3日はもちますが、冷蔵庫の中でもヌメリを出しますので、

食べる前にはもう一度殻をよく洗いましょう。

まとめ

自分で取ったアサリは、スーパーで買った物よりも、

断然美味しく感じますね♪

しっかりと砂抜きと塩抜きをして、美味しいアサリを

堪能して下さいねヾ(*´∀`*)ノ

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする